アイスワイン

アイスワイン

あいすわいん

凍った完熟葡萄から造られるワインデザートワインの一種。

1794年冬、ドイツフランコニアは予想外の霜に見舞われ、放置されて凍ってしまった熟した葡萄を処分するに捨てれずワインを造ったところ、甘みの強い、芳醇な香りのワインになった。これがアイスワインの始まりである。

完熟して果糖分の高くなった葡萄が寒さによって果汁が凍結し、その実を凍ったまま搾汁した為に、水分が氷として残って果糖分が凝縮され、非常に濃厚で強い味わいなったのである。

その生産性の低さから希少性が高く、高級ワインとされる。