チョコ

()
ちょこ

→チョコレート
他の語とくっついて複合語になるときにチョコレートが「チョコ」となることが多い。

(1)○○チョコの例

  • 板チョコ(形状)
  • 麦チョコ(内包物)
  • 生チョコ
  • ホワイトチョコ(色)
  • カレーチョコ(味)
  • ミントチョコ(味)
  • ホットチョコ(温度)
  • バレンタインチョコ(イベント、用途)
  • チロルチョコ(地方?)
  • ベルギーミルクチョコ(国+原料)

(2)チョコ○○という用法の例

  • チョコパフェ
  • チョコまんじゅう
  • チョコパイ
  • チョコクロワッサン(チョコクロで登録済み)
  • チョコ味
  • チョコモナカジャンボ

(3)いわゆる誤爆:ひらがなをカタカナ表記したときに「チョコ」となるもの

(4)もちろん単独で「チョコレート」の意味で用いられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ