スマートフォン用の表示で見る

ウィンストン・チャーチル

社会

ウィンストン・チャーチル

うぃんすとんちゃーちる

Sir Winston Leonard Spencer-Churchill

イギリス政治家軍人作家

1874年11月30日、生まれ。1965年1月24日、死去。

イギリス第61代首相として第二次世界大戦中の1940年5月10日から1945年7月27日まで在任。大戦後もイギリス第63代首相として1951年10月26日から1955年4月7日まで在任した。

オックスフォードシャー出身。マールボロ公爵家の出身。

ボーア戦争モーニング・ポスト紙の通信員として参加、ボーア軍の捕虜となるが脱走に成功して、ついでにそれを記事にして大人気、政界入りの足がかりに。

第一次世界大戦(WWI)では海相としてトルコ侵攻作戦を推進、ガリポリ上陸戦の責任をかぶる形で辞任。

第二次世界大戦(WWII)では、ネヴィル・チェンバレンに代わって首相に就任、戦争指導に当たった。大戦終了直前の総選挙で敗北・退陣。

1946年ウェストミンスター大学で有名な「鉄のカーテン演説を行い、その後の冷戦を予言(予告)した。

1951年1955年、ふたたび首相の座につく。

1965年、90歳で死去。セント・ポール大聖堂にて国葬

政治的には自由党保守党を渡り歩いたり*1首相就任後も落選したりと不安定であった。躁鬱病であり、鬱病時には画を描いて気を紛らわしていた。文名も名高く、「第二次世界大戦」「わが半生」など著作が多数ある。1953年ノーベル文学賞受賞。

関連
チャーチル

*1:当初は保守党所属の下院議員であったが1904年には自由党に移籍。が、のちに反社会主義の立場から1925年にはふたたび保守党に入党。