スマートフォン用の表示で見る

ウォーターフォール

コンピュータ

ウォーターフォール

うぉーたーふぉーる

waterfall

「滝」

ソフトウェア開発では,開発プロセスの一種。

ウォーターフォール モデル」の基と成ったとされるのは 1970 年の米国のロイス (W.W.Royce) の論文と云われているが、この論文で提案されたもともとの開発モデルでは「フィードバック ループ」が用意され。上流工程を見直すことが推奨されていた。また、この論文自体ではこの開発モデルを「ウォーターフォール モデル」とは呼んでいない。

その後、一般的に良く用いられるようになった開発モデルでは「フィードバック ループ」が無い「逐次開発モデル」となり、滝が上から下へと流れ落ちるように開発していくことから「ウォーターフォール モデル」と呼ばれている。