カベルネ・ソーヴィニヨン

カベルネ・ソーヴィニヨン

かべるねそーう゛ぃによん

赤ワイン醸造に使われるぶどうブドウの品種。

フランスボルドー地方の他、チリ南アフリカオーストラリア等、世界中でワイン醸造用に栽培されている。力強いタンニン(渋み、重厚さ)を持った傾向のワインが造られる。

ボルドーワインとして有名なシャトー・マルゴーシャトー・ラトゥール、シャトー・ラフィット・ロートシルト等もカベルネ・ソーヴィニヨンを使用している。