サッカー日本女子代表

スポーツ

サッカー日本女子代表

さっかーにほんじょしだいひょう

日本サッカー協会が編成する日本の女子サッカーナショナルチーム

2004年のアテネオリンピック出場にあたり、一般公募で「なでしこジャパン」の愛称が付けられた。

2008年の北京オリンピックでは4位に入り、メダルまであと一歩に迫った。AFC女子アジアカップでは2位が最高で優勝はないが、2010年のアジア競技大会で初優勝を果たした。東アジアサッカー選手権では2回優勝している。

2011年 FIFA女子ワールドカップドイツ大会)において、大会時点でFIFA女子ランキング1位のアメリカ合衆国代表を下し優勝した。日本代表FIFA主催大会優勝は男女含めて史上初の快挙。この優勝が評されて、サッカー日本女子代表チームの国民栄誉賞受賞が決定した。国民栄誉賞の19例目で、団体が受賞するのは初めて。

2012年のロンドンオリンピックでは、銀メダルを獲得。

FIFA女子ランキングは、2011年9月に史上最高の3位にランクされた。

主な戦跡

FIFA女子ワールドカップ

オリンピックサッカー競技

歴代監督