スマートフォン用の表示で見る

ジャック・ロンドン

読書

ジャック・ロンドン

じゃっくろんどん

アメリカの作家、ジャーナリスト。1876〜1916 

サンフランシスコ生まれ。幼いころから働き、アラスカ南洋諸島を放浪。カリフォルニア大学に入学したが、学資は自分で稼いだ。アラスカのゴールド・ラッシュに加わり、これが作家としての契機になった。28歳のとき「野性の叫び」で認められ、以後人気作家となって20年間に多数の作品を発表したが、41歳でみずから命を絶った。代表作「野性の叫び」「白い牙」。アメリカ本国はもちろんだが、諸外国で最もよく読まれているアメリカ作家でもある。