スマートフォン用の表示で見る

タイマーズ

音楽

タイマーズ

たいまーず

ゼリー(vo&g)、トッピ(g)、ボビー(b)、ポー(dr)の4人からなる謎の覆面バンド。

バンド名の由来は定かではないが、おそらくは「大麻」から来ている。また、各メンバーの名前もグループサウンズザ・タイガースのメンバーと酷似している。ザ・タイマーズザ・タイガース。バンド名が酷似していたので、そのためパロディとして名付けたのだと考えられる。(ザ・タイガースのメンバーはジュリー(Vo) サリー(b) トッポ(g) タロー(g) ピー(dr) の5名)

1988年夏、富士急ハイランドで行われたロックイベントでデビュー。

同夏、広島で行われた反戦を訴えるチャリティーコンサートに出演、「偽善者偽善者、あいつは偽善者〜」と歌う姿がNHKBSで生放送され大反響を巻き起こす。その後も「夜のヒットスタジオ」で「FM東京腐ったラジオ、なんでもかんでも放送禁止さ〜」と生放送で歌ったり、シングル「デイ・ドリーム・ビリーバー」がエースコックのCMに起用されヒットしている最中に同業他社のCMにも楽曲を提供するなどシャレですまされない数々の事件を起こしつつ、1989年10月にアルバム『THE TIMERS』を発表。

後、95年に復活、『復活!THE TIMERS』『不死身のタイマーズ』の2枚のアルバムを発表。現在は地下潜伏中。

某有名アーチストが内容によりメジャーなレコード会社から発売を拒否されたため、覆面をしたともいわれる。この容姿はかつての学生運動に似ている。そのため、愛国かつ共産主義的な楽曲を提供する目的で行っていた。