スマートフォン用の表示で見る

トライアスロン

スポーツ

トライアスロン

とらいあすろん

バイク(自転車)-スイム(水泳)-ラン(長距離走)を続けて行い総合持久力を競う競技。

トライアスロンとは

1974年のアメリカ西海岸カリフォルニア州サンディエゴでのことだった。水泳・自転車・ランニング(トライアスロンではそれぞれスイム・バイク・ランとよぶ)の3種目をトランジッションで継いで連続して行うことから、ラテン語で数字の3を意味するアスロンを合成してトライアスロンと命名したのは地元のトラッククラブのメンバーたち。最初の大会はラン4.5km、バイク8km、スイム0.4km、ラン3.2km、スイム0.4kmという変則的なスタイルで開かれた。

 レースの普及とともに、スタンダードな距離が決められるなどスポーツとしての形態も整えられた。1982年には各種データからみてバランスのとれた距離、スイム1.5km、バイク40km、ラン10kmのトータル51.5kmが設定され、現在の「ザ・トライアスロン」と呼ばれるこの51.5kmは世界選手権をはじめ世界の大会の85%以上を占めるまでになっている。その一方で、距離・ルール・運営方法などの変革によりトライアスロンは種目細分化の傾向にある。ラン・バイク・ランで競われるデュアスロンや室内競技場に特設プールを施したインドアトライアスロン、さらにはグループを作りレースを競う形態なども注目を集めはじめた。

 国内での最初のトライアスロンは1981年、鳥取県皆生温泉で開かれた。1985年沖縄県宮古島滋賀県・びわ湖で長距離タイプが行われると同時に、熊本県・天草では51.5kmのレースがはじめて開催されるなど、トライアスロンが一躍脚光を浴びた年となった。

(出典 from (社)日本トライアスロン連合:トライアスロンとは