スマートフォン用の表示で見る

ハッピーターン

ハッピーターン

はっぴーたーん

:お菓子

第1次オイルショックの影響で日本中が不景気な時期に、文字どおり幸せが戻って来るようにと亀田製菓は新商品に「ハッピーターン」と名づけた。食べ始めるとやめられないという意味もあるという学説も存在している。主な原材料はうるち米ともち米。包み紙の中にたまに「ラッキー包み紙」があるらしい。

合成麻薬と言われるほどうまいハッピーパウダー

ビスケット部にはハッピーターンの粉*1(=ハピ粉)が「雪のように」*2ふりかけられているだけでなく『パウダーポケット』なるデコボコがあり、ビスケットの表面積を拡大。そこにもパウダーがタンマリと。このハッピーターンの粉は「合法麻薬」と言われるほどのウマミがある。指についたハピ粉うまみをあじわうのがツウ。

あまりに人気があるため、亀田製菓は「パウダー200%ハッピーターン」を発売。さらに「超DX級パウダー250%ハッピーターン」が2010年4月5日からセブン-イレブンで先行発売された。

オープンソースハッピーパウダーが話題に

自分で作れるハッピーパウダーの再現レシピがはてなブックマークで話題に

土屋礼央さんによれば、色々実験を重ねた結果、「砂糖と塩を4:1で混ぜ、さらに味の素を少々加える」ことでリアルにあの味を再現できたとのこと。

http://b.hatena.ne.jp/articles/201005/1221

ハッピーターン摂取上の注意

  • 友達の家に遊びにいったりして、ハッピーターンが出されると、その友達の家のゲーム機のコントローラーはヌルヌルになる。
  • ハッピーターン1枚あたり20キロカロリー。調子に乗って食べ過ぎるとエライ事に!

cf.ビール350ml≒150キロカロリー 茶碗1杯ごはん(150g)≒250キロカロリー

ラインナップ