ヒラリー・ハーン

音楽

ヒラリー・ハーン

ひらりーはーん

Hilary Hahn (1979.11.27-)

アメリカヴァイオリニスト超絶技巧と、確かな楽曲解釈で、21世紀を代表する演奏家として期待されている。

1 経歴

1979 ヴァージニア州レキシントンで生まれる。

1983 四歳の誕生日一ヶ月前から、ヴァイオリンを習い始める。

1984 ボルティモアのピーボディ音楽院クララ・ベルコヴィッチ(Klara Berkovich)に師事(〜89)。

1990 フィラデルフィアのカーティス音楽院入学イザイの最後の弟子だった名ヴァイオリン教師ヤッシャ・ブロツキー(Jascha Brodsky 1907-97)に師事。

1991 ボルティモア交響楽団と共演。この年以降、アメリカ各地の有名オーケストラと共演。

1995 ロリン・マゼール指揮、バイエルン放送響とベートーヴェンヴァイオリン協奏曲を演奏。

1996 カーネギーホールで演奏会。ソニーミュージックと録音の専属契約を結ぶ。

1999 カーティス音楽院卒業。

2000 ベルリンフィル日本公演のソリストに抜擢される(11月)。

2001 タイム誌から America's Best young classical musician にノミネートされる。日本公演(11-12月)。

2003 ドイツ・グラモフォンと契約。

2005 日本公演(2、5月)。

2006 日本公演(5-6月)。

2008 日本公演(3月)。

2009 日本公演(1月)。

2010 日本公演(5-6月)。

2011 日本公演(3月17-27日)が予定されていたが、東日本大震災のために中止。

2012 日本公演(6月)。

楽器は、1864年製 J.B.ヴィヨーム を使用。

2 日本公演での演奏曲目


2000年11月

ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲

ショスタコーヴィチヴァイオリン協奏曲 第1番(DVD ASIN:B004KDO2ZW

クラウディオ・アバド、マリス・ヤンソンス指揮、ベルリンフィルハーモニー)


2001年12月

ブラームスヴァイオリンソナタ 第2番

■J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリンソナタ 第1番

モーツァルトヴァイオリンソナタ 第33番 ヘ長調 K.377

サン=サーンスヴァイオリンソナタ 第1番

ピアノは、ナタリー・シュー)


2005年2月

プロコフィエフヴァイオリン協奏曲 第1番

大植英次指揮、大阪フィルハーモニースマトラ大地震チャリティコンサート」)


2005年5月

モーツァルトヴァイオリンソナタ 第32番 ヘ長調 K.376

J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリンソナタ 第3番

モーツァルトヴァイオリンソナタ 第28番 ホ短調 K.304

フォーレヴァイオリンソナタ 第1番

(ピアノは、ナタリー・シュー)

プロコフィエフヴァイオリン協奏曲 第1番

パーヴォ・ヤルヴィ指揮、NHK交響楽団


2006年5月

ベートーヴェンヴァイオリン協奏曲

パーヴォ・ヤルヴィ指揮、ドイツ・カンマーフィルハーモニー


2006年6月

イザイ無伴奏ヴァイオリンソナタ 第1番

■エネスコ:ヴァイオリンソナタ 第3番「ルーマニア民俗風」

ミルシュテインヴァイオリンのためのパガニーニアーナ

モーツァルトヴァイオリンソナタ 第25番 K.301

ベートーヴェンヴァイオリンソナタ 第3番

(ピアノは、イム・ヒョスン)


2008年3月

シベリウスヴァイオリン協奏曲

(ジャナンドレア・ノセダ指揮、BBCフィルハーモニック)


2009年1月

エルンスト:「夏の名残りのばら(庭の千草)」の主題による変奏曲

バッハ無伴奏ヴァイオリンソナタ第2番 イ短調 BWV1003

エルンストシューベルト「魔王」による奇想曲 作品26

イザイ無伴奏ヴァイオリンソナタ第5番 ト長調 作品27−5

(ジョシュ・リッター Josh Ritter と共演)


イザイ無伴奏ヴァイオリンソナタ第4番 ホ短調 Op.27-4

■アイヴズ:ヴァイオリンソナタ第4番 《キャンプの集いの子供の日》

ブラームス(ヨアヒム編)ハンガリー舞曲集より 第10番/第11番/第12番/第19番/第5番/第20番/第21番

■アイヴズ:ヴァイオリンソナタ第2番

イザイ無伴奏ヴァイオリンソナタ第6番 ホ長調 Op.27-6 (「(イザイの最後の弟子だったブロツキー)先生から直接教えられたのは第6番だけ」2009.1.14 演奏会プログラムより)

イザイ子どもの夢 Op.14

■アイヴズ:ヴァイオリンソナタ第1番

バルトーク(セーケイ編):ルーマニア民族舞曲

ピアノは、ヴァレンティーナ・リシッツァ


2010年5-6月

チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲

(エサ=ペッカ・サロネン指揮、フィルハーモニア管弦楽団


2011年3月 ←東日本大震災の影響のため公演は中止

■タルティーニ(クライスラー編曲):コレッリの主題による変奏曲

ベートーヴェンヴァイオリンソナタ 第5番 ヘ長調 op.24 「春」

■アイヴズ:ヴァイオリンソナタ 第4番 「キャンプの集いの子供の日」

■J.S.バッハ無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第1番 ロ短調 BWV1002

■アンタイル:ヴァイオリンソナタ 第1番

ピアノは、ヴァレンティーナ・リシッツァ


2012年6月

メンデルスゾーンヴァイオリン協奏曲

パーヴォ・ヤルヴィ指揮、フランクフルト放送交響楽団

2012年6月5日

即興演奏

プリペアド・ピアノ演奏家ハウシュカと共演。浜離宮朝日ホール)

3 Discography(作曲家別、2012年6月まで、参照 http://www.hilaryhahn.com/albums.shtml)


amazon:Hilary Hahn


Bach,Johann Sebastian(1685-1750 ヨハン・セバスチャン・バッハ

 ・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調 BWV1006

 ・無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調 BWV1004

 ・無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第3番ハ長調 BWV1005

 ASIN:B0002ZF01M1997年

 ・ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 BWV1041

 ・ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV1042

 ・2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV1043

 ・オーボエヴァイオリンのための協奏曲ハ短調 BWV1060

 ASIN:B000STC61O(2003年)

 ・バッハヴァイオリン&ヴォイス(バッハ声楽作品集に、ヴァイオリン奏者として参加)

 ASIN:B002CNV2PA(2009年)


Mozart,Wolfgang Amadeus(1756-1791 ウォルフガング・アマデウスモーツァルト

 ・ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216

 ASIN:B000RY42GW(2007年)

 ・ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K.218

 ASIN:B00007CVSI(2002年、プロムス音楽祭2000の記録)* Region 1。国内製造のDVDプレーヤーでは視聴できないので注意。 

 ・ヴァイオリンソナタ第32番ヘ長調K.376(374d)

 ・ヴァイオリンソナタ第25番ト長調K.301(293a)

 ・ヴァイオリンソナタ第28番ホ短調K.304(300C)

 ・ヴァイオリンソナタ第42番イ長調K.526

 ASIN:B000AA7DCS(2005年)

 ASIN:B000O78IEY(2007年 ソナタ第25番の映像)


Beethoven,Ludwig van(1770-1827 ルードヴィッヒ・ファン・ベートーヴェン

 ・ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61

 ASIN:B00005G853(1999年)


■Paganini,Niccolo`(1782-1840 ニコロ・パガニーニ

 ・ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 Op.6

 ASIN:B000HOJDH0(2006年)


■Spohr,Louis(1784-1859 ルイ・シュポア

 ・ヴァイオリン協奏曲第8番イ短調 Op.47

 ASIN:B000HOJDH0(2006年)


■Mendelssohn,Felix(1809-1847 フェリックス・メンデルスゾーン

 ヴァイオリン協奏曲ホ短調 Op.64

 ASIN:B00007DXSN(2002年)


Brahms,Johannes(1833-1897 ヨハネス・ブラームス

 ・ヴァイオリン協奏曲長調 Op.77

 ASIN:B00005RIN5(2001年)


Tchaikovsky,Peter Ilyich (1840-1893 ピョートル・チャイコフスキー

 ・ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.35

 ASIN:B003APNPPO (2010年)


■Elgar,Edward William(1857-1934 エドワード・ウィリアム・エルガー

 ・ヴァイオリン協奏曲 ロ短調 Op.61

 ASIN:B0002CHODM(2004年)


■Sibelius,Jean(1865-1957 ジャン・シベリウス

 ・ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47

 ASIN:B0012PYFKI(2008年)


■Vaughan Williams, Ralph(1872-1958 レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ

 ・あげひばり ヴァイオリンの管弦楽のためのロマンス

 ASIN:B0002CHODM(2004年)


■Schoenberg,Arnold(1874-1951 アーノルト・シェーンベルク

 ・ヴァイオリン協奏曲 Op.36

 ASIN:B0012PYFKI(2008年)


■Ives,Charles Edward(1874-1954 チャールズ・アイヴズ)

 ・ヴァイオリンソナタ第1番〜第4番

 ASIN:B005F7F4902011年)


Stravinsky,Igor(1882-1971 イーゴリ・ストラヴィンスキー)

 ・ヴァイオリン協奏曲ニ長調

 ASIN:B00005RIN5(2001年)


■Korngold,Erich Wolfgang(1897-1957 エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト

 ・ヴァイオリン協奏曲ニ長調

 ASIN:B000O78IEY(2007年)


■Shostakovich,Dmitrii(1906-1975 ドーミトリ・ショスタコーヴィチ

 ・ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 Op.77

 ASIN:B00007DXSN(2002年)

 ASIN:B004KDO2ZW2011年

ヤンソンス&BPO in 東京(映像)|ローチケHMVニュース


■Barber,Samuel(1910-1981 サミュエル・バーバー

 ・ヴァイオリン協奏曲 Op.14

 ASIN:B00005HL5Q(2000年)


■Bernstein,Leonard(1918-1990 レナード・バーンスタイン

 ・ソロ・ヴァイオリン、弦楽合奏、ハープパーカッションのためのセレナード(1954年)

 ASIN:B00005G853(1999年)


■Meyer,Edgar(1960- エドガー・メイヤー)

 ・ヴァイオリン協奏曲(1999年にヒラリー・ハーンのために作曲される)

 ASIN:B00005HL5Q(2000年)


■Higdon,Jennifer (1962- ジェニファー・ヒグドン

 ・ヴァイオリン協奏曲

 ASIN:B003APNPPO (2010年)


■Hauschka (1966- ハウシュカ)

 ・シルフ

 ASIN:B007FGQS8A(2012年)

4 インタビュー・特集記事など


2001.2 「今月のアーティスト ヒラリー・ハーン(ヴァイオリン) 鮮烈なるディスク・デビューから四年 初来日した二十一歳の『大器』」、レコード芸術・2月号、pp.15-19.

2002.2 「インタビュー ヒラリー・ハーン(vn) 今世紀を代表するヴァイオリニストへ向けて着実な成長」、レコード芸術・2月号、pp.178-183.

2002.2.21 「バイオリニストヒラリー・ハーンがアルバム発表 日本での演奏、いい経験」、中国新聞夕刊

2002.5.05 「ピープル21 日本で学び、端正さに磨き 大器ヒラリー・ハーン」、共同通信

2005.6.21 「ゼロから作る気で弾く バイオリニストヒラリー・ハーン」、読売新聞 東京夕刊

2005.8 「今月のアーティスト ヒラリー・ハーン」、レコード芸術、8月号、pp.15-19.

2006.6.02 「バイオリニスト ヒラリー・ハーン 舞台ではじける遊び心」、朝日新聞 東京夕刊

2006.6.14 「自分の信念通したい バイオリニストヒラリー・ハーンに聞く」、毎日新聞 東京夕刊

2006.7 「私が音楽する理由--Why Music? ヒラリー・ハーン篇 "try anything" see where it takes you」、音楽の友・7月号、pp.138-141.

2007.10.23 Violinist.com interview with Hilary Hahn

2008.2.28 「来日直前インタビュー」 JAPAN ARTS アーティスト Voice & ニュース

2008.6 「特集 弓動魅了 21世紀の巨匠ヴァイオリニストを求めて インタビュー 同時代音楽、ジョシュ・リッターとのコラボレーションを語る」、音楽の友・6月号、pp.64-5.

2008.7 「今月のアーティスト、ヒラリー・ハーン」、レコード芸術、7月号、pp.15-20.

2008.12.16 「ヒラリー・ハーンによるプログラムノート 第1回」JAPAN ARTS アーティスト Voice & ニュース

2008.12.24 「ヒラリー・ハーンによるプログラムノート 第2回」JAPAN ARTS アーティスト Voice & ニュース

2008.12.26 「ヒラリー・ハーン 電話インタビュー 1」JAPAN ARTS アーティスト Voice & ニュース

2009.1.6 「ヒラリー・ハーン 電話インタビュー 2」JAPAN ARTS アーティスト Voice & ニュース

2010.7 「BIGが語る ヒラリー・ハーン インタビュー」、モーストリー・クラシック、7月号

2010.8 「今月のアーティスト、ヒラリー・ハーン」、レコード芸術、8月号

5 その他

・2007年発売の DVD Portrait では、母校のカーティス音楽院を紹介する映像が収録されている。

DVD The Art of Violin では、ヴァイオリン演奏に関するインタビューに答えている。

アート・オブ・ヴァイオリン [DVD]

アート・オブ・ヴァイオリン [DVD]

・2008年発売の CD Hilary Hahn Im Gesprach & Im Konzert に、スイス放送・ラジオ番組におけるインタビューが収録されている。

・気さくな人柄で、音楽ファンとの交流を大切にしている。

・公式サイトで日記を公開中。ツアーや録音などの近況報告が書かれている。参照 http://www.hilaryhahn.com/journal.shtml

親日家。簡単な日本語会話ができる。アンコールの曲名は日本語で紹介してくれます。

youtube に動画チャンネルが開設されている。http://www.youtube.com/user/hilaryhahnvideos

・ツィッターのユーザーである。http://twitter.com/violincase