スマートフォン用の表示で見る

フィッシュマンズ

音楽

フィッシュマンズ

ふぃっしゅまんず

1991年にデビュー。

デビュー当初はレゲエやダブのサウンドを取り入れたポップな音楽を演奏していたが、

オリジナルメンバーの脱退、エンジニアZAKその他サポートメンバーのレコーディング参加などにより

強烈な個性を備えた浮遊感のある音楽へと変貌を遂げる。

そして1996年、ポリドールに移籍してリリースしたアルバム「空中キャンプ」が各方面で大絶賛。

その後も、30分にも渡って演奏されたワントラックアルバム「LONG SEASON」や

「空中キャンプ」の方法論を押し進めた「宇宙 日本 世田谷」を発表し、フィッシュマンズはワン・アンド・オンリーな存在となる。

しかし、99年3月にボーカルの佐藤伸治が亡くなり、メンバーはドラムの茂木のみとなる。


2005年夏、RISING SUN ROCK FESTIVALに出演。

メンバー

佐藤伸治(ボーカル・ギター)

茂木欣一(ドラム)→現在は東京スカパラダイスオーケストラ

以下は脱退したメンバー。

柏原譲(ベース)→現在はPolarisベーシスト

HAKASE-Sunキーボード)→現在はソロミュージシャン。Little Tempoのメンバーとしても活動。

小嶋謙介(ギター)

Album

Single

DVD