スマートフォン用の表示で見る

フェルマーの最終定理

サイエンス

フェルマーの最終定理

ふぇるまーのさいしゅうていり

[英] Fermat's Last Theorem

フェルマーの最終定理は、x^{n}+y^{n}=z^{n}を満たす整数x,y,z≠0はn¥geq 3で存在しないという定理。フェルマーの大定理とも呼ばれる。

フェルマーディオファントスの『算術』の余白に書いた「48の着想」のうち、唯一最後まで証明も反証もされずに残ったもの。

「私は真に驚くべき証明を見いだしたが、余白には狭すぎて書けない」

とのセリフと共に書き付けられた。

多くの数学者証明に捧げた努力は、整数論のみならず代数代数幾何を初めとした数学の多くの分野の発展に大きく寄与した。最終的に、アンドリュー・ワイルズが全ての楕円曲線保型型式であると主張する谷山・志村予想(1999年に解決)の部分解決の帰結として1995年頃に解決し、現在では、フェルマーワイルズの定理と呼ばれるに至る。

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

フェルマーの最終定理 (新潮文庫)

数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)

数学ガール/フェルマーの最終定理 (数学ガールシリーズ 2)

*リスト:リスト::数学関連 リスト::定理