スマートフォン用の表示で見る

フェルマー

フランス数学者フェルマーの小定理フェルマーの最終定理フェルマーの大定理)で有名。

フルネームはピエール・ド・フェルマー。1601年8月17日に生まれたとされる(が、諸説あり)。

パスカルとともに確率論の基礎を築き、デカルトととの交流から解析幾何学を創案した。また、ディオファントスの『算術』に入れ込み、その余白に「48の着想」を書き込んだ。最後まで証明または反証されずに残ったのがフェルマーの最終定理である(1995年ごろに証明)。

*リスト:リスト::数学関連 リスト::学者