スマートフォン用の表示で見る

mouse

GUI操作のためによく使われる、コンピュータ周辺機器

キーボードと並ぶ、代表的な入力機器である。

発明者はダグラス・エンゲルバート

一般的に手のひらにおさまる程度の大きさで、1つ以上のボタンを備えている。

マウス本体を移動することによって画面上のマウスポインタを移動し、マウス上のボタンをクリックすることによって

コンピュータにコマンドを送る。

移動の仕組みは、底面につけられたボールの回転によってコンピュータに信号を送る。この方式を採用したマウスメカニカルマウスという。

赤外線を用いて移動方向と距離を計算する方式を採用したオプティカルマウス、さらに赤外線に代わってレーザー光を使い精度を高めたレーザーマウスもある。

そのほか、ダブルクリックドラッグといった動作を使い分けて、コンピュータを操作する。

最近は、タイヤのようにくるくると回すことでウィンドウの上下スクロールや拡大縮小ができ、またボタンとしても使える「ホイール」を備えるマウスが一般的で、さらに上下だけでなく左右スクロールも出来るマウス、4つ以上のボタンを備えた多ボタンマウスコンピュータとケーブルでなく無線で通信するワイヤレスマウスも増えてきた。

できれば、マウスパッドの上で操作するのが理想。

GUI操作におけるポインティングデバイスとしては、マウス以外にトラックポイント/アキュポイント?トラックボールタブレットライトペンなどがある。

マウス操作

  • ポイント:マウスカーソルで対象を指し示すこと。とくにメニュー操作において言う。
  • クリック:マウスボタンを1回だけ押すこと。
  • ダブルクリックマウスボタンを連続で2回押すこと。
  • トリプルクリック:マウスボタンを連続で3回押すこと。最大5連打することがある。テキストエディタでこれをすると行(3回)や段落(4回)、全文(5回)を選択出来るものもある。ちなみに、テキストエディタでのダブルクリックは単語選択になる。
  • 右クリック:2つ以上ボタンを持つマウスにおいて、右側のボタンを押すこと。
  • 中ボタンクリック:3ボタンマウスにおいて、中央のボタンを押すこと。
  • プレス:クリックしたままボタンを押し続けること。
  • ドラッグマウスボタンを押し続けながらマウスを移動すること。
  • ドロップ:ドラッグ後ボタンを離し、ドラッグ中の対象をどこかに置くこと。
  • ジェスチャ:右ボタンを押しながらマウスを上下左右に動かし、軌跡で定義したアクションを実行させること。

マンガ

マウス

まうす

リスト::漫画作品タイトル

ヤングアニマルで連載されていたマンガ。アニメ化もされた。全14巻、外伝1巻。

原作あかほりさとる、作画は板場広志

マウス 2 (ジェッツコミックス)

マウス 2 (ジェッツコミックス)

一般

マウス

まうす

動植物

マウス

まうす

Maus(ドイツ語

医学などの実験に使われるハツカネズミ。