スマートフォン用の表示で見る

伊東四朗

アート

伊東四朗

いとうしろう

コメディアン・タレント・俳優・喜劇役者

本名:伊藤輝男

誕生日:1937年(昭和12年)6月15日

血液型:O型

出身地:東京都出身


  • 三波伸介戸塚睦夫(ともに故人)と「てんぷくトリオ」で活動。
  • 1975年スタートのバラエティ番組「笑って!笑って!!60分?」(TBS)において、小松政夫との絶妙な間合いの親子コントや「小松の親分さん?」などで大人気となる。「お父たま」「いいんだ、いいんだ」「ズンズンズンズンズンズンズンズン小松の親分さん(又は大親分)」など伊東のセリフも流行った。
  • 1976年放映開始の「みごろ!たべごろ! 笑いごろ!!」でも小松政夫との親子コントやデンセンマンの「電線音頭?」のコーナーでサーカス団団長のような派手な装いとユニークな髭をつけて「ベンジャミン伊東」に成り切る姿が圧巻で、この番組も大人気となる。筝曲「春の海?」の口三味線、「ツンツク ツクツクツン」も流行った。
  • 1983年、NHK朝のテレビ小説「おしん」では、おしんの父親役を好演して俳優としての名も上げ、現在も伊東四朗一座公演など多方面で活躍している。
  • 脳内エステIQサプリではマスター役を務め、軽妙な語り口による進行と絶妙なヒントの出し方で番組を盛り上げた。番組終わりには、番組最中に溜まりに溜まった「モヤッとボール」を頭で受け止めるというオチで自ら締めるのがお約束となった。

出演作品

バラエティ

ドラマ


映画

…など。