スマートフォン用の表示で見る

井上馨

一般

井上馨

いのうえかおる

明治・大正期の政治家

外務大臣として不平等条約の改正交渉などを担当。のち元老

欧化政策をとり,いわゆる鹿鳴館時代を現出させた。

第二次大隈内閣の成立に助力

伝記に『世外井上公伝』がある