小泉信三

小泉信三

(一般)
こいずみしんぞう

大正・昭和期の経済学者。慶應義塾塾長。(1888年5月4日〜1966年5月11日)
今上天皇の皇太子時代の教育掛。自由主義者の立場に立脚し、共産主義、マルクス経済学に対し徹頭徹尾合理的な批判を加えていった。

新着ブログ: 小泉信三