井上馨

(一般)
いのうえかおる

明治・大正期の政治家。

外務大臣として不平等条約の改正交渉などを担当。のち元老。
欧化政策をとり,いわゆる鹿鳴館時代を現出させた。

第二次大隈内閣の成立に助力

伝記に『世外井上公伝』がある

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ