スマートフォン用の表示で見る

稲葉篤紀

スポーツ

稲葉篤紀

いなばあつのり

プロ野球選手(外野手)

1972年8月3日生まれ。愛知県師勝町*1出身。左投左打。

現役引退後の2015年より北海道日本ハムファイターズのスポーツ・コミュニティ・オフィサーに就任。

エピソード

ファンサービスはもちろん、後輩の面倒見がいいことでも知られる。中田翔のスランプ時には「今の辛い経験を語れるようになれればいい」とマスコミにねぎらいのコメントを出したり、ファンフェスタ2011では、杉谷拳士をイジって謝らせるという新しい笑いの形を生み出した。

2003年7月1日横浜ベイスターズ戦でサイクルヒット達成*2。同年5月7日には対阪神タイガース戦にて通算1000本安打を達成した。日本シリーズには初出場から4度連続で日本一に導いている。しかし、2007年に日本シリーズに敗れてしまい、初めて日本一男伝説が破れ目頭に涙を浮かべていた。

体調管理には長けているが、とりわけ夏場での体調管理がうまく、調子をぐいぐいと上げてくることから「夏男」とも呼ばれる。

彼のチャンス時の打席になると、Queenの"I was born to love you"がかかり、今では札幌名物となった「稲葉ジャンプ」が始まる。推定マグニチュード3を記録し、旭川スタルヒン球場では耐久性の都合上、稲葉ジャンプは禁止となっている。

東日本大震災当時は、被災した視聴者に震災を思い起こさせるということから、応援団が稲葉ジャンプのテーマを流さなくなり、一時期自粛という形で通常の応援に切り替えた。2012年では稲葉ジャンプは復活している。

札幌ドーム限定で「稲葉ジャンプ弁当」が発売されていたが、現在では「稲葉弁当」という商品名で販売されている。2008年北京五輪代表メンバーに選出されるだけではなく、日本代表下位打線の中軸としても期待がかかるも、北京五輪では奮闘及ばす金メダルには届かなかった。

本人はファンに定着している「さわやか稲葉」のイメージよりも、「セクシー稲葉」と呼ばれたいそうである。(ファイターズマガジンインタビューより)

2009年度から、田中賢介選手会長に任命されると、稲葉はキャプテンに就任することになった。2009年4月から、稲葉関連の食品がローソン各店で発売され(味噌カツ丼小倉トーストなど)、稲葉の青春の味を楽しむことができるようになっている。

2009年5月3日、対西武戦の延長12回、小野寺力から8年ぶりのサヨナラ本塁打を放ち、ヒーローインタビューで男泣きした様子は、翌日の道新スポーツ一面で大きく取り上げられた。

2009年シーズン終了時点で1690安打であり、順調に行けばあと2年で2000安打を達成する可能性が高いとされたが、2012年でようやくあと30本を切り、開幕以降は好調なペースで安打を積み重ねた。

2012年4月28日、1976試合目となる対楽天戦の1回表にヒメネスからライト前適時打を放ち、史上39人目の2000本安打達成となった。ヤクルト時代の同期・宮本慎也も同じ試合数で2000本安打を達成している。

同年5月4日、対オリックス戦の5回裏で古川から本塁打を放ち、史上58人目となる通算250本塁打を記録した。中田の3号ホーマーや鶴岡の適時打にも助けられ、チームは9対2の大勝、そして斎藤佑樹も4勝目を挙げた。

同年11月、年下の元モデルと再婚を発表。さらに2013年からは選手兼打撃コーチに就任した。

2014年、現役引退を決めレギュラーシーズン最終戦の対楽天戦でセレモニーを実施。

ファイターズクライマックスシリーズを勝ち進み、稲葉は引退試合後もチームに帯同。

代打で逆転タイムリーを放つなど、チームのファイナルステージ進出に貢献した。

ファイナルステージ第6戦で敗れ日本シリーズ出場はならなかったものの、ファイターズファンに挨拶するためにナインとともにレフトスタンドに向かうとホークスナインも集まり、敵地ヤフオクドームにもかかわらず両軍選手が同じく引退していく金子誠とともに稲葉を胴上げした。*3

経歴

年度所属背番号備考
1988-1990中京高校*4-甲子園出場なし
1991-1994法政大学-4年春に東京六大学野球ベストナイン
1995-2004ヤクルトスワローズ411994年ドラフト3位
2005-2014北海道日本ハムファイターズ58→41FA宣言*5、2013年のみ打撃コーチ兼任

CM出演

*1:現・北名古屋市

*2:5イニングでの達成は日本プロ野球記録。

*3クライマックスシリーズ敗退後に敵地の選手・監督が両軍選手に胴上げされるのは2009年の野村克也、2012年の小久保裕紀以来で、小久保と野村監督胴上げを提唱したのは稲葉である。ちなみに稲葉と金子の胴上げは松田宜浩が提案、また小久保もテレビの解説席で二人の胴上げを見守った。http://www.fighters.co.jp/news/detail/4926.html

*4:現・中京大中京

*5FAセ・リーグからパ・リーグの球団に移籍した選手は、稲葉と松永浩美仲田幸司の3人のみ。