スマートフォン用の表示で見る

岡倉天心

アート

岡倉天心

おかくらてんしん

(1862-1913) 美術評論家。横浜生まれ。本名、覚三。フェノロサに師事。東京美術学校校長。のち、門弟横山大観菱田春草らと日本美術院を創立。ボストン美術館の東洋部長となり、日本美術の紹介に尽くした。主著「茶の本」「日本の目覚め」「東洋の理想」

三省堂提供「大辞林 第二版」より