スマートフォン用の表示で見る

享徳の乱

一般

享徳の乱

きょうとくのらん

西暦1454年に鎌倉公方足利成氏関東管領上杉憲忠を誘殺したことに始まる戦乱。鎌倉公方幕府の支援する関東管領上杉氏の、永享の乱から続く対立が伏線となっている。乱は関東一円に拡大し、関東は応仁の乱よりも一足早く戦国時代に突入してしまう。

この乱により鎌倉公方足利成氏古河公方、8代将軍・足利義政の兄弟足利政知堀越公方に分裂した。