スマートフォン用の表示で見る

玉音放送

社会

玉音放送

ぎょくおんほうそう

玉音放送とは、天皇の肉声による放送のこと。

1945年8月15日正午、昭和天皇が自ら詔書大東亜戦争終結ノ詔書)を朗読したもの(レコードによる録音)を放送することで、日本がポツダム宣言を受け入れることを国民に対して明らかにしたラジオ放送がとくに知られている。天皇の肉声が公式に放送に乗ったのはこれが史上初めてのことだった。

国民には重大放送があることが事前にラジオ等を通じて告知されており、学校や職場で集団で聴取した場合も多かった。内容は難解な詔書の読み下しであり、雑音が多かったこともあり即座に意味を解した者は少なかったといわれるものの、その後アナウンサーが解説に相当するものを伝えたこともあり、この放送をもって国民の多くの部分に終戦が理解された。なお当日、新聞によっても終戦の報道がなされたが、配達は玉音放送の後とされた。

詔書の中では特に印象的な「堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ」の一節が有名であり、戦後のテレビドラマ等で玉音放送の音源を一部用いる場合、この部分を含めることが多い。



D