スマートフォン用の表示で見る

熊野

キーワードの候補

2件

地理

熊野

くまの

和歌山県 新宮市那智勝浦町太地町串本町古座川町北山村 さらに三重県熊野市紀宝町御浜町 あたり一帯をさす地域。

熊野三山

出雲民族との関連が深く、神武天皇三輪崎(新宮)に上陸し、大和に入っていったという伝説がある。

さらに浄土信仰と結びつき、補陀落信仰熊野行幸熊野詣(熊野古道)、修験道などへとつながっていく。

 地名の由来には、色々あるが、「隠国・こもりく」→「隠野・こもりの」→「くまの」と転化したという説がある。

 隠野とは、黄泉に通じる国という意味。

 神武東征以前から、ニシキトベという女性リーダーのもと、独自の文化が開けていたといわれる。

 熊野に住む人々にとって、熊野とは、単なる地名ではなく、独自の文化が息づくところという自負と思い入れがあり、自ら熊野人といったりする。

 生と死を対立するもの(二元論・要素論)としては捉えず、一体のもの(全体論)と捉える世界観があり、鬱蒼と茂る森がその死につながる世界、甦る世界と捉える。

 また、神武東征後反権力の気骨も続いてきた。新宮市は、1910年大逆事件の舞台となった。

 ドクトル大石(大石誠之助)を育て、佐藤春夫を育て、中上健次を育てたのも熊野

 熊野詣は、熊野三山にたどり着くことが目的ではなく、一歩一歩自分の足を確かめながら歩くことこそが、修行であると捉える。

地理

熊野

くまの