スマートフォン用の表示で見る

桂川

キーワードの候補

4件

地理

桂川

けいせん

「町」として

福岡県嘉穂郡桂川町

「かつらがわ」でなく「けいせん」と読む。

「駅」として

本来は筑豊本線篠栗線が合流する駅であるが、筑豊本線の原田〜桂川間は非電化で、本数の少ない閑散線区となっている。篠栗線筑豊本線の電化区間、および前後の鹿児島本線をあわせて博多〜(篠栗桂川・飯塚・直方経由)〜折尾・黒崎の区間が「福北ゆたか線」と呼ばれている。

*1:正式には博多吉塚折尾〜黒崎が鹿児島本線吉塚桂川篠栗線桂川折尾筑豊本線

*2:正式には筑豊本線非電化区間

地理

桂川

かつらがわ

淀川水系 一級河川(京都府)

京都府を流れる淀川水系の一級河川

南丹市では「大堰川」、亀岡市から嵐山にかけては保津川と称する。

伏見区鴨川が合流。八幡市付近で宇治川木津川と合流し淀川となる。

平成25(2013)年9月16日、台風18号の影響で、久我(こが)橋付近の桂川が氾濫し、周辺一体が冠水した。

地理

桂川

かつらがわ

JR北海道函館本線の駅。茅部郡森町字鷲ノ木町にある。無人駅


交通案内

JR

*1

*1森駅は、一文字キーワードなので「」(かぎかっこ)でくくっている

地理

桂川

かつらがわ

相模川水系相模川山梨県側の呼称。

桂川という呼び方は愛称だったのが、流域住民や山梨県の努力により、正式に山梨県側は桂川の呼称となった。

山中湖を水源に、神奈川県との県境が桂川の区間である。