スマートフォン用の表示で見る

函館本線

地理

函館本線

はこだてほんせん

JR北海道の主要幹線の一つ。函館線

路線

以下の2区間がある。

北海道の玄関口函館から道都札幌を経て旭川までを結ぶ路線だが、うち長万部小樽間のいわゆる「山線」は国鉄最末期の昭和61年11月のダイヤ改正をもって定期運転する優等列車が全廃されて全くのローカル線となり、函館札幌を高速で結ぶ特急列車は室蘭本線千歳線を経由して運転される。山線は北海道新幹線開通の暁には廃止の方向だったが、有珠山噴火により緊急時の路線確保の為、存続が濃厚となった。有珠山噴火に伴う室蘭本線部分不通の際には「北斗星」や貨物列車の迂回ルートとして活用された。

ちなみに、北海道新幹線の「新函館」駅は、現在の渡島大野駅付近に設置される予定となっている。

函館五稜郭間と小樽旭川間は電化されているが、他の区間は非電化である。

また、七飯−大沼間には、下り列車のみが通る別線(通称「藤城線」)がある。これは、渡島砂原廻りの線(通称「砂原線」)同様、急勾配を避ける為に作られた路線である。車輛の性能向上により七飯−大沼間の急勾配を避ける必要は無くなったが、全ての下り優等列車及び一部の下り各駅停車が藤城線を経由する*1。遠廻りとなる砂原線は、上り急行はまなす」と一部の各駅停車のみが通る路線となった。

停車駅

(本線?)

函館駅

五稜郭駅

桔梗

大中山駅

七飯

渡島大野

仁山駅

大沼駅

大沼公園

赤井川

駒ヶ岳

黒岩駅

北豊津

国縫

中ノ沢

長万部

二股駅

蕨岱

黒松内

熱郛

目名駅

蘭越

昆布

ニセコ

比羅夫

倶知安

小沢駅

銀山駅

然別駅

仁木駅

余市

蘭島

塩谷駅

小樽

南小樽

小樽築港

朝里

銭函

ほしみ駅

星置

稲穂

手稲

稲積公園

発寒駅

発寒中央

琴似

桑園

札幌駅

苗穂

白石

厚別

森林公園

大麻

野幌

高砂駅

江別

豊幌

幌向

上幌向

岩見沢

峰延駅

光珠内駅

美唄

茶志内

奈井江駅

豊沼駅

砂川駅

滝川

江部乙駅

妹背牛

深川

納内駅

伊納駅

近文

旭川駅

(支線?)

森駅

東森

尾白内

掛澗駅

渡島砂原

渡島沼尻駅

鹿部

銚子口駅

流山温泉

池田園駅

大沼駅

(七飯駅)

(大中山駅)

(桔梗駅)

(五稜郭駅)

(函館駅)

*1:藤城線の途中には駅がない。藤城線経由の列車については、時刻表上で渡島大野・仁山の両駅は通過の「レ」ではなく他線経由の「|」表記がなされる。

*2:正式には宗谷本線新旭川が起点