根室本線

地理

根室本線

ねむろほんせん

JR北海道の主要幹線の一つ。根室線

路線

滝川根室間 443.8km。全線単線非電化

函館本線から分岐し、帯広釧路根室という道東の主要都市を結ぶ路線であるが、現在は札幌からの列車は1981年に全通した石勝線を経由するようになったため、滝川新得間は幹線ルートからははずれた。

年表

1900年8月1日 旭川−下富良野(現・富良野)間全通=現在の富良野線

1900年12月2日 下富良野−鹿越間開通

1901年7月20日 釧路白糠間開通

1901年9月3日 鹿越−落合間開通

1903年3月1日 白糠音別間開通

1903年12月25日 音別浦幌間開通

1904年8月12日 浦幌−豊頃間開通

1904年12月15日 豊頃−利別間開通

1905年10月21日 利別−帯広間開通

1907年9月8日 落合帯広間開通により旭川釧路間全通

1909年10月12日 旭川釧路間の路線名を「釧路線」と制定

1913年11月10日 滝川−下富良野間開通 滝川−下富良野釧路間の路線名を「釧路本線」とし、旭川−下富良野間は「富良野線」とする

1917年12月1日 釧路厚岸間開通

1919年11月25日 厚岸厚床間開通

1920年11月10日 厚床−西和田間開通

1921年8月5日 西和田−根室間開通 路線名を「根室本線」に変更

1966年9月30日 落合新得間(狩勝峠)の新線開通

愛称路線名

釧路根室間には「花咲線」(はなさきせん)の愛称がある。