スマートフォン用の表示で見る

古今和歌集

読書

古今和歌集

こきんわかしゅう

最初の勅撰和歌集。八代集の第一。二〇巻。

延喜五年(九〇五)の醍醐天皇の命により、紀貫之(きのつらゆき)・紀友則(きのとものり)・凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)・壬生忠岑(みぶのただみね)が撰し、同一三年ころ成立。六歌仙・撰者らの歌約一一〇〇首を収め、仮名序・真名序が添えられている。

なお、紀貫之書き下ろし古今和歌集仮名序は、日本の文学と仮名の定位に莫大なる影響を与えた。


歌風は、雄健でおおらかな万葉集に比べ、優美・繊細で理知的。古今集