スマートフォン用の表示で見る

札幌市東区

地理

札幌市東区

さっぽろしひがしく

札幌市を構成する10区のうちの一つ。

札幌村は現在のここに当たる。

現況

産業〜農業・工業・商業の三拍子がそろっている

東区は札幌村の時代から農業が盛んだった。現在でも北区に次いで2番目に広い耕地面積を誇っており、区の北東部にはタマネギ栽培を中心とする畑が広がっている。

また、東区は工業が盛んなまちでもある。苗穂地区は明治時代からさまざまな工場が建ち並ぶ工業地帯。現在もJR苗穂工場をはじめ、大規模な食品工場などがある。丘珠地区には鉄工団地と工業団地があり、JR函館本線の北側には卸売センターがあるなど、商業も盛ん。

発展するまち〜土地区画整理と新名所

昭和32年から、都市化に対応するために、各地域で土地区画整理事業が進められてきた。現在は、東雁来地区で土地区画整理事業が行われている。

東区に相次いでオープンしたのが全市的な大規模施設。平成7年サッポロさとらんどが一部開園したのをはじめ、平成9年には札幌コミュニティドーム(つどーむ)がオープン。

平成10年にはモエレ沼公園がオープンし、平成15年、ガラスのピラミッド(愛称:HIDAMARI〜ひだまり)も完成した。いずれの施設も東区の新名所として大勢の市民が利用している。

ふれあいあふれるまちづくりを目指して

「花トピア運動」「ほのぼのコンサート」などを行い、ふれあいあふれるまちづくりを実施してる。

また、区民の自主的なまちづくり活動を支援するなど、プランの目標である「共に支え合い、ふれあいあふれるまちづくり」の実現を区民とのパートナーシップにより進めている。

位置

東区は市の北東部に位置している。

【南部】JR函館本線を境界に、中央区と接している。

【西部および北部】それぞれ創成川、旧篠路村を境界として北区と接している。

【東部】豊平川および石狩川を境界にして白石区江別市および当別町と接している。

面積と地形

面積は57.13平方km。東西9.1km、南北11.0kmに広がっている。

地形は平坦で山がなく、地質は鉄東地区の一部を除き、埴土および泥炭から形成されている。

伏籠川やモエレ沼が、昔、豊平川が流れていた所の名残をとどめている。

札幌市東区
目次