スマートフォン用の表示で見る

酒税法

酒税法

しゅぜいほう

日本の法律

酒類酒税を課するために酒類の製造及び販売業免許等を定めた法律。現在の法律1940年(昭和15年)に制定された旧酒税法(昭和15年法律第35号)を全面改正する形で制定された。

(課税物件)

第一条
酒類には、この法律により、酒税を課する。


以下、略