庄野潤三

読書

庄野潤三

しょうのじゅんぞう

小説家

1921年(大正10年)2月9日、生まれ。2009年(平成21年)9月21日、死去。

大阪府出身。父は教育者で帝塚山学院創立者。兄は児童文学者の庄野英二

教職を経て、1951年昭和26年)、朝日放送入社1955年(昭和30年)、芥川賞受賞を機に作家業に専念する。詩人伊東静雄に師事。

1973年昭和48年日本芸術院賞受賞。1978年(昭和53年)、日本芸術院会員。

代表作に「プールサイド小景」(1955年芥川賞受賞)、「静物」(1960年新潮社文学賞)、「夕べの雲」(1966年読売文学賞)、「紺野機業場」(1970年芸術選奨)、「絵合せ」(1971年野間文芸賞)、「明夫と良二」(1972年毎日出版文化賞赤い鳥文学賞)等がある。