スマートフォン用の表示で見る

上野東京ライン

地理

上野東京ライン

うえのとうきょうらいん

JR東日本2015年3月14日から上野駅東京駅間を直通する宇都宮線高崎線常磐線東海道線の列車に対してつけられる運転系統の呼称。

東北本線東京駅上野駅の間を線路でつなぐ「東北縦貫線」を通じて、宇都宮線高崎線常磐快速線東海道線を直通運行する系統をさす。

首都圏の近郊電車ネットワークの拡充と、大部分の区間で並行する京浜東北線の混雑緩和の役割を担っている。京浜東北線に対しては「快速」の役割を担う。

路線の特徴

大宮赤羽間は湘南新宿ライン及び京浜東北線と並行する3複線、赤羽上野間は単独の複線、上野横浜間は京浜東北線と並行する複々線横浜大船間は横須賀線と並行する複々線である。

運行形態

高崎線宇都宮線東海道線の系統と、常磐快速線品川の系統がある。

高崎線宇都宮線東海道線東海道線大宮方面はほとんどの列車が直通するが、大宮東海道線方面は一部が上野どまりとなる。

常磐快速線は取手以遠とを結ぶ中距離電車と、取手以南とを結ぶモノクラスの快速列車の他特急ひたち/ときわ」のいずれも一部が品川発着となる。

上野東京ライン
目次