清水次郎長

一般

清水次郎長

しみずのじろちょう

幕末から明治にかけての駿河博徒。本名は山本長五郎1820年2月14日文政3年1月1日)〜1893年6月12日。清水港発展、富士裾野の開墾など、静岡の発展と近代化に関わった人物である。

広沢虎造浪曲や、いわゆる“次郎長モノ”の映画等で美化して描かれている。