清水次郎長

(一般)
しみずのじろちょう

幕末から明治にかけての駿河の博徒。本名は山本長五郎1820年2月14日(文政3年1月1日)〜1893年6月12日。清水港発展、富士裾野の開墾など、静岡の発展と近代化に関わった人物である。

広沢虎造の浪曲や、いわゆる“次郎長モノ”の映画等で美化して描かれている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ