スマートフォン用の表示で見る

雪虫

動植物

雪虫

ゆきむし

北国で、雪が降る前の10-11月頃に発生する虫の一種。正式名称は「トドノネオオワタムシ」というアブラムシの仲間だが、体に白い綿のようなものをつけており、たくさん飛んでいると、まるで雪が舞っているように見えるため、一般的には「雪虫」といわれている。

ただ、北海道雪虫は時に大量発生をするため、どちらかというと嫌われ者である。外にいると、たまに口の中に入ってきたりすることがあるので注意。