スマートフォン用の表示で見る

仙石秀久

読書

仙石秀久

せんごくひでひさ

1552年〜1614年

戦国武将信長秀吉家康らに仕えた。通称は権兵衛。

当初は織田信長に仕えて1580年に淡路洲本城主となる。本能寺後、秀吉に従って四国討伐の功績により讃岐を与えられ、高松城主となる(1585年)。

が、翌年の九州征伐の際に戸次川の合戦で大敗を喫し*1、所領没収となる。

小田原役の際に家康の周旋により従軍。信濃の小諸城主として大名に返り咲く。

*1:秀久の強引な渡河を待ち伏せしていた島津勢によって痛撃され、巻き込まれる形で十河勢、長宗我部勢も壊滅