泉鏡花文学賞

読書

泉鏡花文学賞

いずみきょうかぶんがくしょう

1973年昭和48年泉鏡花生誕100年)に制定された文学賞

選考方法
泉鏡花文学賞推薦委員(市内文学関係者等)の推薦作品および同賞推薦人(県内の文学関係者および全国の作家、文芸評論家等およそ250人)のアンケートを参考に、候補作品数編を選び、泉鏡花文学賞選考委員(五木寛之外4人)が選考(原則1作品)します。
主催者
金沢市
選考委員
五木寛之村田喜代子村松友視金井美恵子嵐山光三郎
対象作品
毎年8月1日を基準日とし(平成20年度では平成19年8月1日〜平成20年7月31日まで)に刊行された文芸作品(小説、戯曲等、単行本に限る)で、泉鏡花文学の世界に通ずるロマンの薫り高い作品を対象としています。
いいねっと金沢「泉鏡花文学賞」より

幻想性の高い作品に送られることが多く、純文学、大衆文学の枠を超えて賞を出す特徴がある。日本の文学賞のなかでも異色の賞だが、受賞作のレベルは高い。

受賞者一覧


泉鏡花賞