太地喜和子

一般

太地喜和子

たいちきわこ

女優。1943年12月2日〜1992年10月13日。和歌山県出身。

高校生の時、東映ニューフェイスオーディションに合格。当初は志村妙子という芸名で映画に端役で出演していた。その後文学座に入団。文学座研究生時代の1967年、日活映画の『花を喰う蟲』に主演、物怖じせずヌードやベットシーンを大胆にこなし、一躍注目される。

舞台女優として『欲望という名の電車』、『唐人お吉』などで活躍。文学座の大女優・杉村春子の後継者としての期待が高まり、実力派として君臨したが、1992年、海に車が転落する事故により他界した。享年48。