男はつらいよ

(映画)
おとこはつらいよ

リスト::日本の映画::題名::あ行

渥美清主演、山田洋次監督。松竹配給。
1969年〜1995年まで26年間・全48作に渡り「一人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネスブックにも載るほどの長きに渡り、製作された映画作品。
映画の本場ハリウッドにおいても同シリーズを超えるものはない。

出演

車寅次郎・渥美清
諏訪さくら・倍賞千恵子
諏訪博・前田吟
車竜造・森川信→松村達雄→下條正巳
車つね・三崎千恵子
諏訪満男・吉岡秀隆
桂梅太郎(タコ社長)・太宰久雄
御前様・笠智衆
源公・佐藤蛾次郎
寅次郎の母(お菊)・ミヤコ蝶々

テレビドラマとその後のいきさつ

もともとは、1968年に放送されたフジテレビのドラマ。
20年ぶりに帰ってきた寅次郎が、まだ顔知らない妹・さくらとの再会から始まる。やがて、妹を案じる寅次郎とその恋を描き、大評判となった。しかし、最終回で寅次郎がハブにかまれて死んだことで、フジテレビに抗議が殺到。これが映画化にするきっかけとなった。第1作と第2作は、テレビドラマを基に構成。第3作から第5作はテレビドラマで脚本や演出を手掛けた人を基に映画化。第5作で完結の予定だった。*1
テレビドラマで演出を手がけた小林俊一が、映画では、企画を担当した。
テレビ版でのさくらを演じたのは、長山藍子だったが、映画では倍賞千恵子が演じた。
しかし、このテレビ版のフィルムは、幻とされていたが、1996年に第1話と最終回のフィルムが発見され、フジテレビの番組内で放送された。

内容

葛飾・柴又を舞台に寅次郎と周りとの掛け合い。マドンナとの恋と人情、絆を強く描いてる。毎回、マドンナに振られて、旅に出るのがお決まりのパターンである。
しかし、いつしか寅次郎が恋の指南役になることも多くなり、ドラマの見せ場の一つになった。
ちなみに、当初は、舞台を別のところにするはずだったが、たまたまスタッフが見つけた先が柴又だった。映画がきっかけで柴又は、有名になり、下町の名所になった。

ゲスト

第11作〜第20作

  • 第11作=江戸家小猫、織本順吉、毒蝮三太夫、浅丘ルリ子
  • 第12作=前田武彦、津川雅彦、岸恵子
  • 第13作=高田敏江、宮口精二、吉永小百合
  • 第14作=上條恒彦、月亭八方、春川ますみ、十朱幸代 *4
  • 第15作=岩崎加根子、久里千春、船越英二、浅丘ルリ子
  • 第16作=桜田淳子、米倉斉加年、大滝秀治、小林桂樹、樫山文枝
  • 第17作=寺尾聰、桜井センリ、大滝秀治、佐野浅夫、岡田嘉子、宇野重吉、太地喜和子
  • 第18作=壇ふみ、浦辺粂子、梅津栄、吉田義夫、京マチ子
  • 第19作=寺尾聰、平田昭彦、三木のり平、嵐寛寿郎、真野響子
  • 第20作=大竹しのぶ、桜井センリ、石井均、米倉斉加年、中村雅俊、藤村志保

第21作〜第30作

  • 第21作=竜雷太、武田鉄矢、木の実ナナ
  • 第22作=泉ピン子、大滝秀治、室田日出男、志村喬、大原麗子
  • 第23作=湯原昌幸、松村達雄、布施明、木暮実千代、桃井かおり
  • 第24作=ハーブ・エデルマン、林寛子、犬塚弘、梅野泰靖、香川京子
  • 第25作=江藤潤、浅丘ルリ子
  • 第26作=村田雄浩、あき竹城、園佳也子、米倉斉加年、松村達雄、伊藤蘭
  • 第27作=正司照枝、笑福亭松鶴、芦屋雁之助、大村崑、松坂慶子 *5
  • 第28作=岸本加世子、地井武男、犬塚弘、東八郎、前田武彦、小沢昭一、音無美紀子
  • 第29作=柄本明、片岡仁左衛門、いしだあゆみ
  • 第30作=児島美ゆき、馬渕晴子内田朝雄、殿山泰司、桜井センリ、朝丘雪路、沢田研二、田中裕子

第31作〜第40作

  • 第31作=ベンガル、北林谷栄、藤岡琢也、中北千枝子、細川たかし、都はるみ
  • 第32作=中井貴一、杉田かおる、穂積隆信、梅野泰靖、レオナルド熊、あき竹城、長門勇、松村達雄、竹下景子
  • 第33作=美保純、秋野太作、佐藤B作、渡瀬恒彦、中原理恵
  • 第34作=美保純、津島恵子、風見章子、関敬六、桜井センリ、津嘉山正種、米倉斉加年、辰巳柳太郎、大原麗子
  • 第35作=美保純、関敬六、杉山とく子、初井言榮、松村達雄、平田満、樋口可南子
  • 第36作=美保純、中本賢、森本毅郎、松居直美、中島唱子、川谷拓三、栗原小巻
  • 第37作=イッセー尾形、すまけい、関敬六、不破万作、有森也実、長渕剛、志穂美悦子
  • 第38作=淡路恵子、すまけい、関敬六、三船敏郎、竹下景子
  • 第39作=美保純、すまけい、関敬六、笹野高史、松村達雄、河内桃子、五月みどり、秋吉久美子
  • 第40作=三田寛子、尾美としのり、三国一朗、奈良岡朋子、鈴木光枝、三田佳子

第41作〜第48作

  • 第41作=笹野高史、イッセー尾形、関敬六、柄本明、淡路恵子、竹下景子
  • 第42作=壇ふみ、イッセー尾形、笹野高史、石井均、今福将雄、尾藤イサオ、夏木マリ、後藤久美子
  • 第43作=夏木マリ、寺尾聰、宮崎美子、後藤久美子
  • 第44作=山口良一、杉山とく子、夏木マリ、吉田日出子、後藤久美子
  • 第45作=風吹ジュン、関敬六、永瀬正敏、夏木マリ、後藤久美子
  • 第46作=すまけい、関敬六、笹野高史、桜井センリ、松金よね子、城山美佳子、光本幸子、島田正吾、松坂慶子
  • 第47作=牧瀬里穂、山田雅人、河原崎長一郎、八木昌子、平泉成、小林幸子、かたせ梨乃
  • 第48作=宮川大助、犬塚弘、神戸浩、千石規子、夏木マリ、田中邦衛、後藤久美子、浅丘ルリ子
  • これ以外に谷よしのがゲストでたびたび出てる。

全作放送

これまでテレビではほんの一部しか紹介しなかった「男はつらいよ」は、2001年から全作放送をすることになった。その放送権をめぐり、各局による綱引きが演じられた。最終的にテレビ東京がそれを獲得した。およそ2年半にわたって、全作を放送。また、NHKでも2005年から1年半にわたってNHK-BS2で放送した。

*1:そのため、テレビドラマでさくらを演じた長山藍子やさくらの夫・博役の井川比佐志、おばちゃん役の杉山とく子が映画第5作で出演した

*2:一般公募でマドンナにしたい女優に選ばれたのが吉永小百合だった

*3:この回から竜造役を松村達雄に

*4:この回から竜造役を下條正巳に

*5:この回から満男役を吉岡秀隆に

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ