スマートフォン用の表示で見る

能率手帳

一般

能率手帳

のうりつてちょう

50年以上の歴史のある日本の手帳の代表的定番製品。いわゆる「オヤジの手帳」

発売元:株式会社 日本能率協会マネジメントセンター(JMAM)

能率手帳1949年昭和24年1950年版)に日本能率協会

3,000冊を会員会社に無料配布したのがそもそもの起源。

それまでの手帳は備忘録程度で使われていて、手帳で仕事の時間管理をするという考え方はなく、『能率手帳』が世界に先駆け、手帳を備忘録メモからスケジュール主体の手帳へと変えたと言える。

その後、1951年より法人向け販売がはじまり、日本の主要企業の社員手帳として

さまざまな会社に採用される。

その8年後の1959年には個人向け販売も開始される。

現在では、法人、個人向け商品として年間1,300万冊を制作するベストセラーであり、半世紀以上ビジネスマンに支持されるロングセラー商品となっている。

今では同社から多種類の手帳が発売されているが、

元々の元祖は左ページが上部に時間軸が書かれた1週間分のスケジュール、

右ページが白紙のタイプで、「時間目盛り」を日本で初めて採用したとされる。

日本で一番売れているビジネス手帳。

ビジネス手帳=能率手帳と勘違いしているひとが多い。