スマートフォン用の表示で見る

富岡多恵子

読書

富岡多恵子

とみおかたえこ

1935年大阪生まれ。詩人小説家

詩集『返礼』でH氏賞受賞。『物語の明くる日』で室生犀星詩人賞受賞。『植物祭』で田村俊子賞受賞。『冥途の家族』で女流文学賞受賞。「立切れ」で川端康成文学賞受賞。『中勘助の恋』読売文学賞受賞。『ひべるにあ島紀行』で野間文芸賞受賞。『釈迢空ノート』で毎日出版文化賞紫式部文学賞を受賞。『西鶴の感情』で伊藤整文学賞大佛次郎賞を受賞。

主な著作

長編

  • 『植物祭』
  • 『壷中庵異聞』
  • 『砂に風』
  • 『砂時計のように』
  • 『波打つ土地』
  • 『水獣』
  • 『白光』
  • 『逆髪』
  • 『水上庭園』
  • 『ひべるにあ島紀行』
  • 『湖の南』

作品集

  • 『丘に向ってひとは並ぶ』
  • 『仕かけのある静物』
  • 『冥途の家族』
  • 『九つの小さな物語』
  • 『動物の葬禮』
  • 『当世凡人伝』
  • 『斑猫』
  • 『芻狗』
  • 『三千世界に梅の花』
  • 『遠い空』
  • 『とりかこむ液体』
  • 『新家族』
  • 『雪の仏の物語』