スマートフォン用の表示で見る

武田氏

社会

武田氏

たけだし

平安時代末から戦国時代武家。本姓は源氏家系清和源氏の一流で河内源氏の一門。源義光を始祖とする甲斐源氏宗家である。

河内源氏棟梁源頼義の三男の源義光の子の源義清常陸国武田郷から甲斐国韮崎に配流されて武田氏を名乗ったのに始まる。甲斐武田氏宗家であり、安芸国若狭国上総国に庶流がある。

宗家の甲斐武田は武田晴信武田信玄)の時代に戦国大名としては隆盛を極めたが、信玄の死後は急速に勢力が衰え、1582年に織田信長に攻めこまれて戦国大名としては滅亡した。しかし、信玄の次男の武田竜芳の曾孫の武田信興が1700年に江戸幕府幕臣となり高家として仕えた。