スマートフォン用の表示で見る

福禄寿

一般

福禄寿

ふくろくじゅ

道教の宋の道士または、道教の神で南極星化身老子である寿老人の別名。または寿老人と同一神とされる。七福神の1つに数えられる。

元々 木星(歳星)、禄星 寿星(カノープス)の三星を拝む信仰が、一柱に一応なって日本へ来た者。とてもややこしいことに、「南極老人」が単一で神格化されたものが「寿老人」である。その為、中国では「背が低く、長頭で長い髭をはやし、杖に経巻を結び、鶴 あるいは鹿を伴う」という福禄寿像が存在する。蝙蝠(へんぷくだから変福とかけるめでたい生き物)がお供で飛んでたりもする。

福(一族の子宝) 封禄(財産)寿(健康な長寿)をもたらすといわれる。