木枯らし1号

サイエンス

木枯らし1号

こがらしいちごう

木枯らし1号とは、その年の秋に最初に吹いた、やや強い北よりの風。

秋口に冬型の気圧配置から生じる、風速おおむね8m/s(風力5)以上の最初の一風を指す。

木枯らし1号は東京地方(東京管区気象台)と近畿地方大阪管区気象台)の2箇所でのみ宣言される。

なお、基準を満たさず、木枯らし1号が発表されない年もある。

東京地方における基準

期間
10月半ばから11月末までの間
気圧配置
西高東低の冬型の気圧配置
風向
東京の風向が西北西〜北
風速
東京の最大風速が、おおむね8m/s以上

おおむね上記の目安を満たした最初の日を基本として総合的に判断する。

近畿地方における基準

期間
霜降(10月23日ごろ)から冬至(12月22日ごろ)までの間
気圧配置
西高東低の冬型の気圧配置
風向
北よりの風
風速
最大風速8m/s以上

おおむね上記の目安を満たした最初の日を基本として総合的に判断する。