スマートフォン用の表示で見る

野坂昭如

読書

野坂昭如

のさかあきゆき

作家小説家。焼跡闇市派といわれる。歌手でもある。

1930年(昭和5年)10月10日、神奈川県鎌倉市生まれ。

旧制新潟高校を経て早稲田大学文学部仏文科に入学、7年間在籍。この間、アルバイトでさまざまな職業を遍歴し、CMソング、コント、テレビ台本などを書く。その後、民放TV分野から活字分野へ転じる。1963年昭和38年)、童謡「おもちゃのチャチャチャ」の作詞家(補作・吉岡忍)としてレコード大賞作詞賞受賞。小説『エロ事師』発表。1967年(昭和42年)、「火垂るの墓」(アニメ映画『火垂るの墓』の原作)「アメリカひじき」(『アメリカひじき・火垂るの墓』新潮文庫ISBN:4101112037所収)で直木賞受賞。1983年(昭和58年)参議院比例代表選挙で当選(二院クラブ)、同12月、田中金権政治批判し、田中角栄と同じ新潟3区から衆議院選挙に立候補するが次点。1997年平成9年) 『同心円』(講談社ISBN:406207446X)で吉川英治賞受賞。2002年(平成14年)、『文壇』(文藝春秋ISBN:416358420X)及びこれまでの文業に対し、泉鏡花文学賞を受賞。

2015年(平成27年)12月9日、死去。

主な著作

長編

  • 『エロ事師たち』
  • 好色の魂』
  • 『ゲリラの群れ』
  • 『真夜中のマリア』
  • 『騒動師たち』
  • 好色覚え帳』
  • 水虫魂』
  • 『てろてろ』
  • 『卍ともえ』
  • 『錬姦作法
  • 『生誕の時を求めて』
  • 『一九四五・夏・神戸
  • あやふや
  • 『自弔の鐘』
  • 『アルファベット』
  • 新宿海溝』
  • オペレーション・ノア』
  • 『背徳ごっこ 性の遍歴を描く長編』
  • 三味線殺人事件 お多加師匠推理帖』
  • 『行き暮れて雪』
  • 人称代名詞
  • 好色の家』
  • 『名前のない名刺』
  • 『わが桎梏の碑』
  • 『同心円』
  • 『ひとでなし』
  • 文壇

作品集

選集