スマートフォン用の表示で見る

G線上のアリア

音楽

G線上のアリア

げーせんじょうのありあ

(独: Arie auf G)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハの『管弦楽組曲第3番』BWV1068の第2楽章「アリア」の、アウグストウィルヘルミによるピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏のための1871年の編曲版の通称。ニ長調からハ長調に移調されており、ヴァイオリンのG線のみで演奏できることに由来する。