スマートフォン用の表示で見る

SEX

一般

SEX

せっくす

日本では「別・雌雄の別」と訳される。

英語でSEXって単語に いわゆる日本語でのセック... - 英語 | Yahoo!知恵袋 らしい。

SPACE ALC 語源辞典で調べる

また同じ語で性交のことも指す。

繁殖の為の行為とされるが、繁殖は意識的にコントロールするのが一般的。

ステキな事だけれど、義務と責任もついてきます。

類人猿ボノボコミュニケーションとしての擬似的SEX(ホカホカと呼ばれる性器擦り合わせ行動)の観察から、人類の「発情期の壊れた性衝動」を説明される話は有名。


複数形はsexes,sexsの両方が使われているようだけど、たぶん意味は異なる。


●関連 

セックスレス

asexual?

intersex?

sexual minority?

sexual identity?

sexuality?

sort?

race

gender


しばしば「社会的な性別」などと訳され「gender」などと称される概念に対して「生物学的な性別」などと称される。

最近では実際には遺伝子におけるXYと呼ばれる染色体の別を指すと考えられることが多いが、

一方でこれに対応するものとして医学用語などにおいてGenderIdentity,GenderIdentityDisorderなどという形でgenderという語が用いられだしたもののこのgenderは脳或いはその他の器質的差異など何らかのphysicalな実体の差異が存在するという想定で用いられていることが多いが、そうだとすると脳も身体の一部なのであるからGenderも器質的な実体の差異に対応することになり、結果としてgenderとはsexの一種だということになりこれとその他の部位のsexの同一性(Identity)の間にDisorderがおきたとき何をどこまでをsex,genderと見なすのかははっきりせず、また、sexにおいてもXYのみならぬ多因子遺伝の可能性も唱えられており、一律に二元化することには問題・疑問が挙がる。

また、genderの語が上記のように何らかのphysicalな差異と同義として用いられだした現状に対して、それがいずれを指すにしろ「社会的な性別」とはそれとは異なるものである。「社会的な性別」とは genderの語が言語学の用語として用いられていたことからも見られるように、具体的なphysicalな実体のみならず・或いはそれに関わらず、文化や歴史の文脈の影響を受けて形成される・されたものである。(※)

よってそれらを区別するために、jender等、なにかしらsex,genderに代わる語の登場が望まれる。

(※)

しかしgenderをSPACE ALC 語源辞典で調べるを見る限り、genderの語がsexに対して、それらとは異なる「社会的な性別」などというような意味に用いられなければならない理由も感じられない。


{文章が読みにくかったり説明が足らなかったら適宜校正してやってください。よろしくおねがいします}


社会的には、genderが制度的には医療によって最終的に診断されるのに対して、sexとは出生時にとりあえず割り振られる(intersexの人がけっこういーかげんに割り振られてることも多かったそうです)書類的なもの、という意味合いが強くなってきている  とも見れるかもしれない。