木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-08-11 現職総理大臣の総裁選勝率は92.3%

[]歴代自由民主党総裁選徹底検証〜現職総理大臣の総裁選勝率は92.3% 17:54



 さて、石破茂・元幹事長(61)は10日、9月の自民党総裁選に立候補する意向を正式に表明しました。

 これにより6年ぶりに自由民主党総裁選が党員・党所属議員などの投票により決まることとなりました。

(関連記事)

自民総裁選、石破氏が出馬表明 「正直、公正」を主張

2018年8月10日16時24分

https://www.asahi.com/articles/ASL8B55HYL8BUTFK011.html

 そこで今回は歴代の自由民主党総裁選について徹底的に検証していきましょう。

 さてまず戦後の日本国の内閣は現安倍晋三内閣が35代目であります。

 35代の中で自由民主党内閣は24代であります、在任年数付きで表にしてみました。

■表1:戦後歴代内閣と在任年数一覧

No自民党内閣内閣名在任期間在任年数
01 東久邇宮稔彦王内閣(昭和20年8月17日〜昭和20年10月9日)0年2ヶ月
02 幣原喜重郎内閣(昭和20年10月9日〜昭和21年5月22日)0年7ヶ月
03 吉田 茂内閣(昭和21年5月22日〜昭和22年5月24日)1年0ヶ月
04 片山 哲内閣(昭和22年5月24日〜昭和23年3月10日)0年10ヶ月
05 芦田 均内閣(昭和23年3月10日〜昭和23年10月15日)0年7ヶ月
06 吉田 茂内閣(昭和23年10月15日〜昭和29年12月10日)6年2ヶ月
07*01鳩山一郎内閣(昭和29年12月10日〜昭和31年12月23日)2年0ヶ月
08*02石橋湛山内閣(昭和31年12月23日〜昭和32年2月25日)0年2ヶ月
09*03岸 信介内閣(昭和32年2月25日〜昭和35年7月19日)3年5ヶ月
10*04池田勇人内閣(昭和35年7月19日〜昭和39年11月9日)4年4ヶ月
11*05佐藤榮作内閣(昭和39年11月9日〜昭和47年7月7日)7年8ヶ月
12*06田中角榮内閣(昭和47年7月7日〜昭和49年12月9日)2年5ヶ月
13*07三木武夫内閣(昭和49年12月9日〜昭和51年12月24日)2年0ヶ月
14*08福田赳夫内閣(昭和51年12月24日〜昭和53年12月7日)2年0ヶ月
15*09大平正芳内閣(昭和53年12月7日〜昭和55年7月17日)1年7ヶ月
16*10鈴木善幸内閣(昭和55年7月17日〜昭和57年11月27日)2年4ヶ月
17*11中曽根康弘内閣(昭和57年11月27日〜昭和62年11月6日)5年0ヶ月
18*12竹下 登内閣(昭和62年11月6日〜平成元年6月3日)1年7ヶ月
19*13宇野宗佑内閣(平成元年6月3日〜平成元年8月10日)0年2ヶ月
20*14海部俊樹内閣(平成元年8月10日〜平成3年11月5日)2年3ヶ月
21*15宮澤喜一内閣(平成3年11月5日〜平成5年8月9日)1年9ヶ月
22 細川護煕内閣(平成5年8月9日〜6年4月28日)0年8ヶ月
23*16羽田 孜内閣(平成6年4月28日〜6年6月30日)0年2ヶ月
24 村山富市内閣(平成6年6月30日〜8年1月11日)1年7ヶ月
25*17橋本龍太郎内閣(平成8年1月11日〜平成10年7月30日)2年6ヶ月
26*18小渕恵三内閣(平成10年7月30日〜平成12年4月5日)1年9ヶ月
27*19森 喜朗内閣(平成12年4月5日〜平成13年4月26日)1年0ヶ月
28*20小泉純一郎内閣(平成13年4月26日〜平成18年9月26日)5年5ヶ月
29*21安倍晋三内閣(平成18年9月26日〜平成19年9月26日)1年0ヶ月
30*22福田康夫内閣(平成19年9月26日〜平成20年9月24日)1年0ヶ月
31*23麻生太郎内閣(平成20年9月24日〜平成21年9月16日)1年0ヶ月
32 鳩山由紀夫内閣(平成21年9月16日〜平成22年6月8日)0年9ヶ月
33 菅 直人内閣(平成22年6月8日〜平成23年9月2日)1年3ヶ月
34 野田佳彦内閣(平成23年9月2日〜平成24年12月26日)1年4ヶ月
35*24安倍晋三内閣(平成24年12月26日〜※現在継続中)5年8ヶ月

 鳩山一郎内閣以前は55年の保守合同以前で自由民主党自体が存在していません。

 さて、この表を睨みながらですが、この期間の歴代の自由民主党総裁選の結果を表にいたしましょう。

 総裁選は41回、ただしそのうち14回は諸事情により候補者一人で不戦勝であります。

 表中の二重丸はその時点での現職総理大臣を表しています。

■表2:歴代自由民主党総裁選挙

No候補一人年月日一位二位
01 昭和31(1956年4月5日)◎鳩山一郎岸信介
02 昭和31(1956年12月14日)石橋湛山岸信介
03 昭和32(1957年3月21日)◎岸信介松村謙三
04 昭和34(1959年1月14日)◎岸信介松村謙三
05 昭和35(1960年7月14日)池田勇人石井光次郎
06 昭和37(1962年7月14日)◎池田勇人佐藤栄作
07 昭和39(1964年7月10日)◎池田勇人佐藤栄作
08*01昭和39(1964年12月1日)◎佐藤栄作 
09 昭和41(1966年12月1日)◎佐藤栄作藤山愛一郎
10 昭和43(1968年11月27日)◎佐藤栄作三木武夫
11 昭和45(1970年10月29日)◎佐藤栄作三木武夫
12 昭和47(1972年7月5日)田中角栄福田赳夫
13*02昭和49(1974年12月4日)三木武夫 
14*03昭和51(1976年12月23日)福田赳夫 
15 昭和53(1978年11月26日)大平正芳◎福田赳夫
16*04昭和55(1980年7月15日)鈴木善幸 
17*05昭和55(1980年11月27日)◎鈴木善幸 
18 昭和57(1982年11月24日)中曽根康弘河本敏夫
19*06昭和59(1984年10月30日)◎中曽根康弘 
20*07昭和61(1986年9月11日)◎中曽根康弘 
21*08昭和62(1987年10月31日)竹下登 
22*09平成元(1989年6月2日)宇野宗佑 
23 平成元(1989年8月8日)海部俊樹林義郎
24*10平成元(1989年10月31日)◎海部俊樹 
25 平成03(1991年10月27日)宮澤喜一渡辺美智雄
26 平成05(1993年7月30日)河野洋平渡辺美智雄
27*11平成05(1993年9月30日)河野洋平 
28 平成07(1995年9月22日)橋本龍太郎小泉純一郎
29*12平成09(1997年9月11日)◎橋本龍太郎 
30 平成10(1998年7月24日)小渕恵三梶山静六
31 平成11(1999年9月21日)◎小渕恵三加藤紘一
32*13平成12(2000年4月5日)森喜朗 
33 平成13(2001年4月24日)小泉純一郎橋本龍太郎
34*14平成13(2001年8月10日)◎小泉純一郎 
35 平成15(2003年9月20日)◎小泉純一郎亀井静香
36 平成18(2006年9月20日)安倍晋三麻生太郎
37 平成19(2007年9月23日)福田康夫麻生太郎
38 平成20(2008年9月22日)麻生太郎与謝野馨
39 平成21(2009年9月28日)谷垣禎一河野太郎
40 平成24(2012年9月26日)◎安倍晋三石破茂
41*15平成27(2015年9月8日)◎安倍晋三 

 どうですか、読者のみなさん。

 歴代自由民主党総裁選における現職総理大臣の圧倒的勝率をご確認ください。

 41回の中で現職総理大臣の登場した21回においてその勝率は、

 21戦20勝(8不戦勝)1敗、95.2%

 であります。

 不戦勝を除いても、12勝1敗、92.3%なのであります。

 というか唯一負けた総理大臣は昭和53年の福田赳夫氏のみなのでありました。

 現職総理大臣が自民党総裁選で負けたのは過去に一度だけなのでした。

 うーん、さて安倍さんと石破さんの一騎打ちになると予想されるこたびの42回目の自由民主党総裁選。

 今検証したとおり、安倍さんが現職の強みで勝利するか、あるいは石破さんが歴代2人目の現職総理を破る下克上がなるのか・・・

 この検証が読者のみなさんの参考になれば幸いです。

 ふう。



(木走まさみず)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20180811

2018-08-07 野党や評論家が理解できない安倍政権の支持が下がらない簡単な理由

[]野党や評論家が理解できない安倍政権の支持が下がらない簡単な理由 11:35



 さて、直近のNHK世論調査で安倍内閣の支持41%が不支持41%と並びました。

(NHKニュース)

安倍内閣 支持41% 不支持41%(NHK世論調査)

NHKは、今月3日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。調査の対象となったのは2162人で、56%にあたる1205人から回答を得ました。

それによりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より3ポイント下がって41%でした。「支持しない」と答えた人も同じ41%で、先月より2ポイント上がりました。

支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が50%、「実行力があるから」が17%、「支持する政党の内閣だから」が12%でした。

逆に支持しない理由では、「人柄が信頼できないから」が42%、「政策に期待が持てないから」が28%、「他の内閣の方が良さそうだから」が10%でした。

http://www.nhk.or.jp/senkyo/shijiritsu/

 先月と比べると支持は3ポイント減、不支持は2ポイント増でありますが、まあまあの安定した数字であると申せましょう。

 安倍政権の支持率が安定しているこの現象は、一部評論家からは「理解しがたい」のだそうであります。

 例えば田原総一郎氏は「国民の声を無視する安倍政権、それでもなぜ支持率が下がらないのか?」と不思議がります。

田原総一朗

2018年08月03日 13:31

カジノ法案と参院定数6増法案で国民の声を無視する安倍政権、それでもなぜ支持率が下がらないのか?

http://blogos.com/article/315513/

 失礼してエントリーの結びから、抜粋。

それでも安倍内閣の支持率は、朝日新聞の世論調査では38%、共同通信の調査でも43.4%だ。こんな状況でも、安倍内閣が、なおも支持率を維持していることが、僕には理解しがたいのである。

 田原氏には失礼ながら、安倍政権の支持率がなぜ下がらないのか、当ブログはよく理解できます。

 例えば自民党総裁選の各メディアの世論調査ですが、今回はひとつ大きな特徴があります。

 日本経済新聞社の6月世論調査を例として上げますが、総裁選の世論調査では、安倍首相が30%、2位は小泉進次郎筆頭副幹事長で26%、3位は石破茂元幹事長の20%となっています。

 そして特筆すべきなのは自民党支持層に限ると首相は52%で、20%の小泉氏らを引き離し一人で単独過半数の支持を占めていることです。

(参考記事)

次の総裁、首相30%で首位

2カ月ぶり、小泉氏・石破氏ら続く 政策期待「社会保障」43%

2018/6/25付日本経済新聞 朝刊

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32173780U8A620C1PE8000/

 自民支持者の過半数を安倍支持が占める、この傾向は、例えば7月の朝日新聞の調査でも同じです。

 自民支持層で見ると、最多は安倍首相で54%。2位の石破氏19%を引き離しました。

(参考記事)

総裁選、安倍首相は盤石か 世論調査から浮かぶ不安材料

三輪さち子

2018年7月24日19時59分

https://www.asahi.com/articles/ASL7M5VCML7MUZPS001.html

 興味深いのは朝日調査によれば、この6年で自民支持層の支持率を安倍氏が石破氏を大きく逆転したことです。

 記事より。

 2012年の総裁選では、石破氏が地方票で安倍首相を上回ったものの、決選投票で国会議員票を集めた安倍首相が逆転。このときの同様の調査では、自民支持層で石破氏が27%と安倍首相の18%を上回っており、この6年間で安倍首相が逆転した形だ。

 もちろん自民支持層=自民党員という等式は成り立ちませんが、今度の自民党総裁選で安倍首相3選が「盤石」(朝日記事)と予想されるのは、国会議員票、党員票共にライバルを圧倒する大量票を得るだろうことです。

 ではなぜ、安倍政権は高い支持率なのでしょうか?

 安倍政権を批判する野党や一部メディアは、モリカケ問題やあるいは今国会での2つの重要法案、統合型リゾート(IR)法案いわゆるカジノ法案と、参院を6議席増加させる公職選挙法改正案の採決など、政権のすることをことごとく批判しますが、安倍政権支持層にはその批判は全く響いていません。

 モリもカケもたしかに安倍政権側に対応のまずさはあったことでしょう。

 たしかに、カジノ法案も公職選挙法改正案も強行採決はいただけません、もう少し議論をすべきだったと思います。

 しかし田原総一郎氏は「国民の声を無視する安倍政権、それでもなぜ支持率が下がらないのか?」「理解しがたい」と不思議がっていますが、安倍政権支持層の視点での分析がされていません。

 政権支持層は、モリもカケも強行採決もケシカランとは思ってはいても、そこに政策の優先順位を見出してはいません、表現は悪いですがすべて国家運営にとって小さなことなのです。

 例えば7月の産経世論調査では自民党支持層では、安倍政権の外交政策を72・1%が支持しておるのです。

(参考記事)

総裁選 自民支持層の安倍首相優位変わらず 石破氏の3倍、49%で圧倒

https://www.sankei.com/politics/news/180723/plt1807230031-n1.html

 記事より抜粋。

 自民党支持層では、安倍政権の外交政策を72・1%が支持しており、激変する北朝鮮情勢への対応など、首相の外交手腕への評価が堅調な支持率を支えているとみられる。

 自民党支持層が安倍政権を安定的に支持し続ける理由は、経済政策と共に、その外交政策にあります。

 この6年間の安倍外交を高く支持しているのです。

 安倍さんにかわりトランプ米大統領や北朝鮮や中国に上手に対峙できる政治家を見いだせないのです。

 簡単な理由です。

 ところが、モリやカケや国会運営や安倍政権の批判ばかりしている野党や評論家には、どうやらこの簡単な自民支持者の安倍政権支持理由が見えないようなのです。

 興味深いことです。

 簡単な安倍政権の支持理由が理解できない(だから民意と乖離してしまうのかも)、野党や一部評論家なのでした。

 ふう。



(木走まさみず)

… 2018/08/08 07:34 このブログを読んで分かるのは安倍支持層が、「外交の安倍」というファンタジーを信じちゃっている層だって事だよね。評論家達が理解できないのは「なんでそんなの信じちゃうのか」が理解できないからでしょう。

山下山下 2018/08/08 09:25 ↑馬鹿な愚民どもが!!ってか? どっちがファンタジーなのだか。現実を否定したいのね。

… 2018/08/08 17:56 産経とかNHKとかの「サミットを主導した」とかを信じちゃうタイプなのだろうね…。きっと、対北でも日本リードしたとか思っているのだろうし、年金で株買いまくってるだけなのに景気よくなったと思っているのだろう。気の毒な。

栗田栗田 2018/08/08 22:36 新聞はそもそも信じる信じないの対象ではないですよ。

2018-07-21 野党第一党代表による世紀の時間の無駄演説

[]野党第一党代表による世紀の時間の無駄演説〜2時間43分ということは約1億4000万円の税金の無駄 18:36



 今回は小ネタです。

 

 立憲民主党の枝野幸男代表は20日、衆院本会議で安倍内閣不信任決議案の趣旨弁明に立ち、2時間43分にわたって演説いたしました。

(関連記事)

立憲民主・枝野代表の演説2時間43分、衆院最長=国会

7/20(金) 18:38配信 時事通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00000119-jij-pol

 衆院では、記録が残る1972年以降で最長の演説となったそうであります。

 これが本当の「保守」政治家(自称)の演説と言うものです。

 いや、枝野幸男代表、ご苦労様でした。

 さてと。

 週刊誌の試算によれば国会一日当たりの費用は4億円だそうです。

(関連記事)

臨時国会の1日あたり費用 議員1人で20万円、合計4億円

https://www.news-postseven.com/archives/20101025_4295.html

 8時間開いたとすれば、1時間当たり4億円÷8時間=5000万円ということです。

 2時間43分の演説ということは、約1億4000万円の無駄演説でありました。

 国会費用、これすなわち全て税金であります。

 時間稼ぎも極まれり、内容以前に長すぎでありましょう。

 これが立憲民主党、日本の野党第一党の代表演説なのです。

 立憲民主党支持者の中にはこの無駄演説を絶賛する人々もいるようです。

 野党第一党代表による世紀の時間の無駄演説。

 やれやれです。

 読者のみなさん。

 日本の野党の夜明けは遠いです。

 ふう。



(木走まさみず)

… 2018/07/22 14:53 あのさぁ、その理屈なら労働者のニーズもなく、ヒアリングもろくにせず、根拠のデータはねつ造だった高プロの審議はどうなの?森友だって、野党が出せって言った文書が改竄されたり隠蔽されたりしてたから散々時間無駄にしてるじゃない。朝日よりダブスタじゃね?

abcabc 2018/07/22 16:45 野党の質問に答えず、長口上で延々と委員会審議に時間を費やす安倍晋三と自民党の委員長は税金の無駄を重ねているでしょ。枝野に対してかび臭い非難を書き込むよりも、自己反省したらいかが。

774774 2018/07/24 12:04 夜明けというか、惑星の自転が止まってますがな。

だめだこりゃだめだこりゃ 2018/07/28 12:21 ええ…?公文書の改竄、隠蔽。被災地支援を前にカジノ法案強行。
先祖が作り上げてきたインフラである水道を民営化しようとする暴挙。こんな国家運営やってるから、貴方の言う1億の損失が出たのでは?

ブロゴスで新聞、テレビの報道分析で高い評価を受けてるなんて書いてるけど、絶対嘘でしょ。"ネトウヨ"からじゃないの?

だめだこりゃだめだこりゃ 2018/07/28 12:21 ええ…?公文書の改竄、隠蔽。被災地支援を前にカジノ法案強行。
先祖が作り上げてきたインフラである水道を民営化しようとする暴挙。こんな国家運営やってるから、貴方の言う1億の損失が出たのでは?

ブロゴスで新聞、テレビの報道分析で高い評価を受けてるなんて書いてるけど、絶対嘘でしょ。"ネトウヨ"からじゃないの?

Z座標値Z座標値 2018/07/30 13:46 「演説」の内容は、掛けた時間ほどに中身は多くないと思いました。

2018-07-20 それにしてもカビくさい朝日新聞社説

[]それにしてもカビくさい朝日新聞社説「戦前の軍国主義と密接な関係がある日の丸・君が代」〜だから日本のリベラルは支持を失うのだ 10:57



 さて、東京の都立高校の元教職員が、卒業式などでの君が代斉唱の際に起立しなかったことを理由に、定年退職後に再雇用されなかったのは不当だと訴えた裁判で、最高裁判所は、東京都の判断が不合理とは言えないとして、都に賠償を命じた判決を取り消し、元教職員の訴えを退けました。

(19日付けNHKニュース)

君が代不起立で再雇用せず 元教職員が逆転敗訴 最高裁

2018年7月19日 18時09分

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180719/k10011540261000.html

 卒業式などでの君が代斉唱の際に起立しなかったのは、学校長からの職務上の命令を無視した立派な職務命令違反であります。

 職務命令違反をした不良教員22人を定年退職後に再雇用するかどうかは東京都教育委員会の勝手でありましょう。

 この最高裁判決は極めて常識的な妥当なものだと評価いたします。

 もっとも原告団は「非常に憤り感じる」とお怒りです。

 判決のあと会見を開いた原告団の代表の泉健二さん(71)は「君が代を歌えない者たちを完全に職場から排除しようという不当さを訴えてきたが、最高裁判所の論理は理解できず、非常に憤りを感じている」と話していました。

 さて20日付け朝日新聞社説は「憲法が定める思想・良心の自由の重みをわきまえぬ、不当な判決」と最高裁の判決を痛罵します。

(社説)君が代判決 強制の追認でいいのか

2018年7月20日05時00分

https://www.asahi.com/articles/DA3S13595828.html?ref=editorial_backnumber

 社説冒頭より。

 憲法が定める思想・良心の自由の重みをわきまえぬ、不当な判決と言わざるを得ない。

 「物事の本質に踏みこまない、しゃくし定規な判断」と断罪します。

 物事の本質に踏みこまない、しゃくし定規な判断に驚く。

 戦前の軍国主義と密接な関係がある日の丸・君が代にどう向きあうかは、個人の歴史観や世界観と結びつく微妙な問題だ。

 社説の結びは「社会から自由や多様性は失われる」ので、「この判決を受け入れることができない」と主張して終わっております。

 個人の尊厳を重んじ、多様な価値観を持つことを認めあう。そういう人間を育て、民主的な社会を築くのが教育の使命だ。そして、行政や立法にそれを脅かす動きがあれば、権限を発動してストップをかけることが、司法には期待されている。

 その両者が役割を果たさなければ、社会から自由や多様性は失われる。この判決を受け入れることができない理由である。

 ・・・

 原告団といい朝日社説といい、しかしおかしな主張ですね、この種の起立しない人たちは常々「君が代を歌えない者たち」と自称してますが、より正確には「生徒・学生が主役のはずの学校の公式儀式卒業式での国歌斉唱時に、己の政治的主張を固持、職務命令違反を犯し起立しなかった者たち」なのであります。

 公務員は日本国の税金で飯を食ってるのです。

 もともと国歌と国旗に敬意を払えない人間は公務員なる資格なし、嫌なら民間にいけばいいのです。

 朝日社説は「社会から自由や多様性は失われる」などと大袈裟なことを主張していますが、そもそも職場において無制限の「自由や多様性」を求めるほうが間違いです。

 例えば制服が定められている職場では、服装が作業の安全性・効率性に影響を与えるわけですから、私服で勤務したいと主張しても、恐らく認められることはないでしょう。

 また、接客業や食品製造などに関わる人がだらしなくヒゲや髪の毛を伸ばしっぱなしにしていれば、仕事に差し支える事は明らかです。

 国歌斉唱時に起立しなさいという学校長の職務命令は、主役である生徒・学生の卒業を祝する儀式の中のひとコマなのであり、脇役である教職員が自らの政治的「自由や多様性」を主張する場ではない、ということです。

 それにしても朝日新聞よ。

 いつまで国旗国歌を「戦前の軍国主義と密接な関係がある日の丸・君が代」などと左翼的テンプレートに押し込めて自己欺瞞な議論をするのでしょう。

 ワールドカップで顔に国旗のペイントをして応援する日本人サポーターや元気よく君が代を歌うサポーターや選手に、そいつは戦前の軍国主義と密接な関係があるんだぞ、などとかび臭い主張して御覧なさい、間違いなくドン引きされますよ。

 だから日本のリベラルは支持を失うのです。

 朝日新聞の主張のほうこそ21世紀にそぐわない「しゃくし定規な判断」なのです。



(木走まさみず)

… 2018/07/20 12:59 なんで一審二審では逆の判断だったのかとか、判決出した裁判官がどういう人間かとか位は踏み込んで欲しいもんですね。まあ、法律とかの知識のない素人ブログなのは分かっていますけど。とはいえ、原告や朝日を浅い知識で叩くのはどうかなぁと思いますが。

朝栗朝栗 2018/07/20 21:21 浅い知識で叩いているのは誰なんだよ。

Z座標値Z座標値 2018/07/30 14:05 そうですね。
毎回かわりばえのしない、持論展開の新聞記事ですね。
彼らにとって効果が上がらないのであれば、すこしでも工夫した主張をすればマシでしょうに。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20180720

2018-07-09 理系脳が原理主義に走りやすい理由を愚考する

[]理系脳が原理主義に走りやすい理由を愚考する 16:01



 今回は、オウム事件について触れておきたいです。

 真面目な評論は他の論客にお任せして、当ブログとしては例により脱線気味の独自論点で少しばかり掘り下げをしたいです。

 死刑が執行されたのはオウム真理教の代表だった松本智津夫死刑囚(63)のほか、いずれも元幹部の早川紀代秀死刑囚(68)、井上嘉浩死刑囚(48)、新実智光死刑囚(54)、土谷正実死刑囚(53)、中川智正死刑囚(55)、遠藤誠一死刑囚(58)の合わせて7人です。

 このオウム事件。当『木走日記』的には実に扱いづらい事件なのです。

 まず今回の死刑囚、平均年齢が57才、私ほぼ同世代でございます。

 で、この事件当初から言われておりましたが、幹部に『高学歴』、中でも医学部などの理数系の割合が異常に高いという「事実」があります。

 今回の松本を除いた幹部6人の中でも、実に4人が理数系であります。

早川紀代秀(68)大阪府立大学大学院緑地計画工学

土谷正実(53) 筑波大学農林学類大学院

中川智正(55)京都府立医科大学医学部医学科

遠藤誠一(58)京都大学大学院医学研究科

 その他にも東大医学部、慶大医学部などの理数系出身者がズラリであります。

富永昌宏 灘高校東京大学医学部(『大学への数学』誌の学力コンテストで3期連続全国1位を記録)

石川公一 灘高校→東京大学医学部

野田成人 東京大学理学部物理学科

豊田亨 東京大学理学部物理学科→東京大学大学院

青山吉伸 京都大学法学部 (在学中に司法試験最年少合格)

菊地直子 京都大学薬学部

荒木浩 京都大学文学部

村井秀夫 大阪大学理学部物理学科→大阪大学大学院

渡部和実 東京工業大学

中川智正 京都府立医科大学医学部医学科

遠藤誠一 帯広畜産大学畜産学部獣医学科→京都大学大学院医学研究科

土谷正実 筑波大学農林学類→筑波大学大学院

林郁夫 慶應義塾大学医学部

上祐史浩 早稲田大学理工学部電子通信学科→早稲田大学大学院修士課程

広瀬健一 早稲田大学理工学部応用物理学科 (主席卒業)

端本悟 早稲田大学法学部

高山勇三 早稲田大学商学部

森正文 大阪市立大学医学部

佐々木正光 産業医科大学医学部

平田信 愛知医科大学医学部

杉浦茂 北海道大学

杉浦実 早稲田大学

哲学ニュースより

http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4952297.html

 工学系講師を副業にしています当ブログはもちろん工学部出身の理数系であります。

 世代もど真ん中、頭の中の理系脳も同じ、私にとってこのオウム事件はとても他人事では評論できないのでありました、あのサティアンの中にもしかしたら自分がいたのかも知れない、洗脳されていたかもしれない、その可能性は低くなかったのではないか、とこの20年、いつも自分に疑心暗鬼なのでありました。

 実際、文系と理系の学生比率はおおよそ7:3と言われています。

 詳細は文系が,55.3%,理系が28.2%,その他(家政,教育,保健,芸術,体育など)16.4%です。

詳しくは,文科省のホームページから調べれます。

学校基本調査 調査結果の概要(高等教育機関) 学校調査

http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/04011501/002/001.htm#1 

 このオウム幹部に理数系の割合が異常に高いと思われる事実は、実は世界的傾向なのかもしれないことを、8年前のニューズウィーク記事からご紹介しましょう。

 「イスラム教過激派組織にリクルートされるのは、医学や工学といった理数系分野の出身者が多い」というオックスフォード大学の社会学者の調査結果が報じられています。

過激思想に走りやすい?理数系学生を警戒

Inside the Terrorist Mind

2010年3月4日(木)15時15分

ベンジャミン・サザーランド

 各国の情報機関はテロリスト予備軍のプロファイリングに力を入れている。いま彼らが注目しているのは、理数系の学生たちだ。

 アルカイダやヒズボラ、ハマスといったイスラム教過激派組織にリクルートされるのは、医学や工学といった理数系分野の出身者が多いという。オックスフォード大学の社会学者ディエゴ・ガンベッタとシュテッフェン・ヘルトクが高学歴のテロリスト178人を調査した結果、半数近くが理数系を専攻していたことが分かった。過激な思想の持ち主が科学に詳しい傾向は、イスラム教徒に限った話ではない。ヒトラーを崇拝するネオナチにも同様の傾向が見られる。

 欧米やイスラエルの情報機関は中東全域の大学で化学や物理、生物などを教える学部の監視を強化していると、欧州戦略情報・安全保障研究所のクロード・モニケ所長は言う。ブッシュ前政権でテロ対策チームの顧問を務めたフアン・ザラテによれば、米政府も大学の工学部への留学希望者にはより徹底した入国審査を実施するようになった。

社会も機械のように修理する

 なぜ理数系がテロに走りやすいのか。専門家らによれば、理数系の人は社会を大きな機械のように考える傾向があるという。欠陥のある部分を除去したり交換することで、修復が可能だと考える。悪いものは取り除けばいい、という思考に陥りがちだ。一方、世の中には倫理的に曖昧な部分があるという考え方を受け入れるのが難しい。

 イスラム過激派がコーランの教えにジハード(聖戦)が含まれていると解釈するのも、理数系のこうした思考回路が影響していると、ニューヨーク市警察の情報分析官ミツチェル・シルバーは言う。

[2010年3月10日号掲載]

https://www.newsweekjapan.jp/stories/us/2010/03/post-1056.php

 うーん。

 この記事を読んで8年前その理由をエントリーしております。

2010-03-11 理数系の思考回路が原理主義に走りやすい理由

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20100311

 当時の考察を以下に再掲します。

 ・・・

 理数系の思考回路はテロに走りやすいですか、興味深いことです。

 私も理数系の端くれなので今回はこの問題を考察してみたいです。

 ・・・

 記事を読んで「理数系の人は社会を大きな機械のように考える傾向があるという。欠陥のある部分を除去したり交換することで、修復が可能だと考える。悪いものは取り除けばいい、という思考に陥りがち」というくだりは理解できますし、「世の中には倫理的に曖昧な部分があるという考え方を受け入れるのが難しい」というのもそう言われればそういう傾向があるかなと、自分に照らし合わせたりしました。

 またオウム真理教事件があったときのことを思い出します、その幹部達が医師や理工学部出身者が多かったことを当時多くの人々も不思議に思われたのだと思います。

 で、不肖・木走としては「理数系の思考回路はテロに走りやすい」を「理数系の思考回路は原理主義に走りやすい」と仮説的解釈拡大をして、その深層心理を考察してみたいです。

 理数系の学生は私も含めて例外なく現代科学の実証主義の洗礼を受けています。

 ある理論が正しいかどうかはその理論が正しいなら成立する仮説を立てそれを実験によって検証することで、理論の正しさを証明していきます。

 その理論が広く認められるには仮説実験によって理論の正しさを証明しただけでは終わりません、それだけでなく、科学は反証可能性を有していますから、その理論が否定されうるあらゆる反証実験に耐えることが求められます。

 カール・ポパー(1902〜94年)は有名な『科学的発見の論理』のなかで、「科学は、常に反証できるものである」と科学を定義しています。

 もしその理論がうまくいかないというような事例が一回でもでてしまえば、つまり反証されれば、その理論はダメになってしまうということです。

 つまり、100万回実験を行って100万回理論を支持するような実験結果がでてきたとしても、その次の100万1回目に否定的な結果、理論がうまくいかないことを示すような精密実験データがでてきたら、もうその時点でその理論は通用しなくなる−。

 要するに、ある仮説の決定的な証明などということは実は永遠にできない、とカール・ポパーは考えたのです。

 科学史を紐解けば確かにポパーの指摘したようにすべての理論は反証され続けてきました。

 有名な例では、18世紀、ニュートンの万有引力の法則を用いれば、惑星の運行軌道を正確に理論値と実測値が一致しました。

 『万有引力の法則』はこの宇宙を貫く法則としての地位を得ます。

 しかし、後年水星軌道に見られるわずかな揺らぎが計測され『万有引力の法則』は反証されます、その揺らぎを正しく説明することを可能にしたのはアインシュタインの『相対性理論』でした。

 現在の所アインシュタインの『相対性理論』の反証はいまだされていませんが、いつの日かさらに優れた理論により反証されてしまうことは十分可能性として大きいことでしょう。

 つまり科学の世界では「理論」は永遠に「真理」には届かない性質を持っているとも言えましょう。

 ・・・

 さてここで考察を深めたいのは、現代科学の実証主義を身につけた理数系の若者が科学ではない、宗教やイデオロギーと出会った場合です。

 その若者がその宗教やイデオロギーに対して冷静に対峙しその正当性に科学者らしく批判的態度で接することができうるならば問題はないのですが、何らかの理由(例えば一部のイスラム教過激派がそうであるようにその宗教が生まれたときから日常生活に深く関わり疑うことなく染みついている場合など)でその宗教やイデオロギーに心酔した場合、彼らが自ら信じた「宗教」や「イデオロギー」をひとつの科学的「理論」と見なしやすい傾向が文化系の人より強いのではないでしょうか。

 そうだとすれば、彼らは過激な行動に走りがちになることでしょう。

 なぜならば「宗教」や「イデオロギー」は「科学」とは違い明確な反証可能性を有してはいません。

 例えばイスラム教やキリスト教、あるいは共産主義やヒトラーを崇拝するネオナチが信じる全体主義思想がなぜ今現在も併存しているかといえば、それぞれを完全に反証することが不可能だからでしょう。

 理数系の思考回路で、反証実験不可能な「理論」を信じるとすると、残るのは正当性を検証する実証実験あるのみですから、彼らは彼らの信ずる「理論」の実践に躊躇することはないことなのでしょう。

 彼らの信ずる「理論」のその原理を追求していくことに何ら心のハードルもなく専念しやすいのでしょう。

 実際の科学実験が試行錯誤(トライアル・アンド・エラー)を認めているように、彼らの原理を追求する行動もその一部は過激なテロリズムへと深化していくこともあるのではないでしょうか。

 つまり特定の「宗教」や「イデオロギー」に心酔した理数系の思考回路は原理主義に走りやすいのではないでしょうか。

 ・・・

 もちろんすべての理数系脳の持ち主が過激派になるわけもなく、ここでの私的考察はあくまで参考までの私見であります。

 いずれにしても『高学歴のテロリストの半数近くが理数系出身』(Newsweek誌)との指摘は、いくつか私なりに思い当たるところもありなかなか興味深いのでありました。



(木走まさみず)

あ 2018/07/09 21:18 理系の思考回路がどうたらではなくて。
カルトでは手っ取り早くなんかしらのカタチある結果を出せる「実学」系が重用されるってダケの話やで。
新興宗教やもん、ブンガクやテツガクにばっかり興味あるような子もアホほどいたけど、そいつらはあまり目立ちようがない。
反社会的な小集団には、わかりやすい成果に直結しないものを尊重する余裕はないのだ。

理系のシステマチックな思考のクセが社会改造に親和的?
論理性もへったくれもない、文系の“なんちゃって学者”どもが「日本社会はこうあるべきだ」って偉そうにぱよぱよちーんな寝言垂れ流しまくってる件についてはまた別の理由付けを考えるのかね。

そもそも「なぜ理系のエリートたちが…?」なんてな問題意識自体が陳腐の極み。
これまでオウムに関して同工のくそみたいな「考察」がどれだけ垂れ流されてきただろうか。

そこそこいい大学出る程度にはデキがよくても、一流企業でバリバリやれるほど優秀でもなく、内向的で世渡り下手 という
「実社会で通用しない奴」ばかりが集まってノリノリで集団現実逃避にふけった挙句にクラッシュしただけ…単純な話やん。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20180709