木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2016-05-24 警察の対応を批判するだけでなくザル法を改正しないとだめでしょ

[]警察の対応を批判するだけでなくザル法を改正しないとだめでしょ〜国会議員の先生方、もしかして情弱なんじゃないでしょうねえ 15:48


 さて、警察の対応に批判が集まっています、NHKニュース記事から。

地元警察署 ストーカー被害の相談として扱わず

5月24日 4時04分

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160524/k10010532441000.html

 まあ、警察側の対応に落ち度があるとすれば、問題点を指摘することは大いに結構です、今後に生かされるためにも警察批判は必要でしょう。

 そのうえでです。

 ここに『ストーカー行為等の規制等に関する法律』いわゆるストーカー規制法が公開されています。

ストーカー行為等の規制等に関する法律

(平成十二年五月二十四日法律第八十一号)

最終改正:平成二五年七月三日法律第七三号

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H12/H12HO081.html

 で、その第二条(定義)が今問題になっているわけです。

 ここではこの法律において「つきまとい等」つまりストーカー行為について、八つの項目を列挙しているのであります。

(定義)

第二条  この法律において「つきまとい等」とは、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者又はその配偶者、直系若しくは同居の親族その他当該特定の者と社会生活において密接な関係を有する者に対し、次の各号のいずれかに掲げる行為をすることをいう。

一  つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居、勤務先、学校その他その通常所在する場所(以下「住居等」という。)の付近において見張りをし、又は住居等に押し掛けること。

二  その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。

三  面会、交際その他の義務のないことを行うことを要求すること。

四  著しく粗野又は乱暴な言動をすること。

五  電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールを送信すること。

六  汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。

七  その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。

八  その性的羞恥心を害する事項を告げ若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する文書、図画その他の物を送付し若しくはその知り得る状態に置くこと。

 で、問題なのが項目五です。

五  電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールを送信すること。

 当初は電話とFAXだけだったのを3年前の改正で「電子メール」を追加したわけです。

 で、この改訂後、電子メールによる迷惑行為により逮捕者も出してはいるわけですが、なんでこのときにツイッターとかフェースブックとかLINEとかブログもそのコメント欄も含めてSNSツール全般を広範囲に対象にしなかったのかということです。

 3年前2013年当時ならすでにLINEはまだこれほど普及はしていなかったけれど、ブログは勿論ツイッターやフェースブックも十分普及していたわけです。

 今回のアイドルに対する暴行事件においても犯人は執拗にSNS上で最初はおとなしかった内容がどんどんエスカレートして暴言を繰り返していたわけで、ストーカー法の2条の五項に、SNSが対象になっていたならば、ストーカー行為として十分に事前に警察を動かすことができたはずなのです。

 そうすればこの犯罪行為は防止できていた可能性もあったはずです。

 今回警察の対応に批判的な発言もメディア等で見られますが、はっきり言って法律が時代についていってないことは明白です。

 3年前の改正でなんで「電子メール」に限定しちゃったのだろう。

 現在ではネットユーザーのコミュニケーションツールはメールよりSNSのほうがはるかに利用されていますのに。

 これは早急に法改正をする必要があると考えます。

 国会議員の先生方、もしかして情弱なんじゃないでしょうねえ。

 ふう。



(木走まさみず)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20160524

2016-05-23 まさに『策士策に溺れる』を地で行く都知事会見に拍手を

[]まさに『策士策に溺れる』を地で行く都知事会見に拍手を 14:49



 舛添氏は、公正な目で見てもらう必要があるとし、事務所とは無関係で政治資金規正法に精通した弁護士などにチェックさせるとして、この日は一切、説明しませんでした。

記者から何を聞かれても、「第3者の厳しい目で見てもらう」の一点張りで、44回も壊れたレコードのように繰り返します、そして弁護士にだけヒアリングを受けると繰り返しました。

 舛添氏が弁護士を選ぶと偏った立場になるのではと突っ込まれても、そうでないように複数の弁護士に調査を打診していると答えるのみであります。

 拍手を贈りたいです、ブラボーです。

 お見事です。

 私は、多くの読者と同様、舛添氏のこの「素晴らしい」戦術は、ズバリ「保身」にあると読んでいます。

 まず橋下徹前大阪市長が鋭く指摘しているように、「公私混同をいくら追及しても政治資金規正法上、違法にはならない」ことでしょう。

橋下徹

2016年05月21日 09:42

舛添さん問題、公私混同をいくら追及しても政治資金規正法上、違法にはならない。

http://blogos.com/article/176337/

 過去事例に照らしても、天下のザル法である政治資金規正法では、責任追及はせいぜい会計責任者止まり、まず政治家の管理責任までは追求の手が及ばないことは、過去散々「政治とカネ」の問題でほかの政治家を糾弾してきた舛添氏は熟知しているわけです。

 しかしここのところのメディアスクラム的な新たな「公私混同」疑惑がラッシュのように各メディアから噴出したのは、自信家の彼にとっても「想定外」だったわけです。

 そこで彼は法律の専門家をアドバイザーとして、今追求されている案件を、総ざらいに「精査」させて、どのように公表すれば自分自身にまで「法律違反」が及ばないか、仲間内でじっくり検討することにしたわけです。

 みみっちい彼のことです、都政など後回しにして、一生懸命に仲良しの弁護士と都合良く「精査」していくことでしょう。

 従って、この「第3者の厳しい目をもった弁護士」ですが、「政治的な機微に触れる」とか言い訳して、その名前はこれから先決して舛添氏の口からは出てこないでしょう。

 氏が選ぶおそらく彼と懇意にしているお友達の弁護士が、「第3者の厳しい目をもつ」ことなど有り得ないことなど自明なのであります。

 会見では極めて低姿勢で国民に反省した態度を見せながら、その実、肝心な疑惑の内容は「第3者の厳しい目で見てもらう」の一点張りで逃げまくったのであります。

 ・・・

 さて、冒頭で「拍手を贈りたい」と形容したのは、皮肉でも何でもなく当ブログの本心です。

 9年前から舛添氏の政治家としての資質について疑問を呈してきた当ブログとしては、前回「舛添要一知事は辞任させてはいけない」と主張していたからです。

(当該エントリー)

2016-05-16 舛添要一知事は辞任させてはいけない〜都知事在職のまま、平成の合法的「市中引き回し」の刑に処すべき

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20160516

 未読の読者のためにエントリーより結びの部分を抜粋。

 彼を簡単に辞任させることは反対です。

 会見を見る限り、彼は本当の意味での反省などしていません。

 この後に及んでも、小さな嘘やセコい責任転嫁に終始しています。

 彼には、これだけセコく公金の私物化を繰り返してきたその社会的責任を取らせるべきです。

 それには公的な立場に在職したまま。徹底的に疑惑を公の前で解明すべきです。

 都民のみなさん。

 それでは都政が停滞するではないか?と、ご心配の方もおられましょう。

 大丈夫です。

 石原、猪瀬、舛添ともう都政は十分に停滞しています。

 逆説的にいえば、都知事などダメダメでも東京都は十分に維持できています。

 読者の皆さん。

 舛添氏は都知事在職のまま、平成の合法的「市中引き回し」の刑に処すべきです。

 この「平成の合法的「市中引き回し」の刑に処すべき」という表現が、お下品、キバシリお前何様のつもりだと一部読者の反感を買った(苦笑)わけですが、そんな私的なことはどうでもいいのですが、今回の会見で、当ブログの期待通りの展開に舛添氏自らがはまりこみつつあるからです。

 彼のような自分が頭が良いと自覚する自信家は、庶民を完全に見下しているはずです。

 自分の戦術に揺るぎのない自信があるのです、知的レベルが低い庶民は自分の高等な策で完全に黙らせることができる、このように先を読んでいるはずです。

 今回も逃げおおせる、都知事を辞任する羽目にはならないと、彼は踏んでいるはずです。

 彼は都知事の地位に固執しているはずです、そうでなければあのような記者会見を開けるはずがありません。

 彼は、今回国民がいかに彼の振る舞いに呆れているのか、見くびって、どんどんドツボのような窮状に自らを落とし込んでいるわけです。

 この際です。

 彼には徹底的にそして「自信」をもって「精査」「言い訳」を繰り返していただきましょう。

 その過程で彼の政治家としてのその悪しき「資質」がさらにあぶりだされていくことでしょう。

 まさに、『策士策に溺れる』とはこのことです。

 自分が墓穴を掘っていることに気づいていないのです。

 そうは思いませんか、読者の皆さん。



(木走まさみず)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20160523

2016-05-22 日本にとって米軍の駐留は負の側面だけなのだろうか?

[]日本にとって米軍の駐留は負の側面だけなのだろうか? 17:26



 20日付けBLOGOSにて、小林よしのり氏が怒りのエントリーをされています。

小林よしのり

2016年05月20日 17:56

同胞女性を守れない日本人男性

http://blogos.com/article/176319/

 失礼して抜粋。

こういう残酷な事件はこれで終わりにはなるまい。

また必ず起こる。

だからこそ、米軍基地を沖縄に集中させておくことは、いや、日本列島に他国の軍隊を駐留させたままでいることは、我々本土の者たちの堕落であり、罪悪なのだ!

同胞の女性を守れない日本の男たちは恥ずかしいと思わないのだろうか?

 うむ、お怒りは理解します、考えさせられます。

 小林氏は保守派の論客ではありますが、彼の持論はそもそも反米自主独立でありますから、この悲惨な事件をもって、「日本列島に他国の軍隊を駐留させたままでいること」は「罪悪」であるとの主張は、彼のこれまでの主張との連関からは納得のいくものです。

 ただし、もちろん彼のこの「全基地撤去」の主張は、呉越同舟と申しましょうか、一部強行リベラル派とシンクロナイズ・同調してしまうわけです。

 例えば22日付け琉球新報の社説です。

<社説>全基地撤去要求 日米政府は真剣に向き合え

2016年5月22日 06:02

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-283584.html

 社説の結語より抜粋。

 オバマ米大統領の広島訪問前に事件が起きたことに触れ、政府関係者が「本当に最悪のタイミング」と発言したことが一部で報じられた。事件そのものではなく、時期が最悪だとの認識だ。別の時期なら事件が起きてもよいのか。犠牲者の無念さに一片の思いも寄せられない冷酷な人間の発想だ。

 これ以上、言葉だけの再発防止策など聞きたくない。全基地撤去を求める声に、日米両政府は真剣に向き合うべきだ。

 確かに一部報道による政府関係者の「本当に最悪のタイミング」発言は、匿名とはいえ、犠牲者や親族また沖縄県民に対する配慮を全く欠いた発言であります。

 小林氏。

同胞の女性を守れない日本の男たちは恥ずかしいと思わないのだろうか?

 琉球新報社説。

全基地撤去を求める声に、日米両政府は真剣に向き合うべきだ。

 この許されざる悲惨な犯罪行為を前にすれば、これらの悲痛な主張に正面から反論することは極めて難しいことです。

 犯人が元海兵隊の軍属であり、元を正せば沖縄に米軍基地がなければ、この悲劇的な蛮行を犯した男は、確かに沖縄には存在していなかった可能性は大なのであり、そうしたならば被害者が命を落とすこともなかったにちがいありません。

 そこでしかしです。

 「国防」の視点で少し冷静に考えてみたいのです。

 在日米軍の存在は、極東で確実に戦争に対する抑止力になってきたことは、戦後70年、この国が一回も戦争の惨禍に巻き込まれることなく平和を享受してきた事実を正当に評価すれば、当ブログとして肯定的に評価しております。

 歴史にイフ(もしも)はないのですが、もしも戦後70年、この国が曲がりなりにも平和を維持できたのは例えば「憲法9条」のおかげであり日米同盟は関係ない、米軍が存在しなくても平和は維持できていたはずだ、という意見(仮説)は成立するのでしょうか。

 実は在日米軍の存在は、日本の軍国主義復活に対する「重石」の側面を持っていたことは国際的には繰り返し語られてきた支持の多い論考であります。

 もし在日米軍の存在がなければ、日本は否応なく自主自衛の道を歩まざるを得ず、防衛的戦力だけでなく攻撃的戦力も莫大な軍事費を割いて有することになっていたかもしれません、核兵器も含めて。

 そのような日本の軍事的暴走に歯止めをかけるためにも、米軍駐留は日本の防衛費拡大への「重石」としての役割を持っていた側面もどうか冷静に留意していただきたいのです。

 再度小林氏の意見。

同胞の女性を守れない日本の男たちは恥ずかしいと思わないのだろうか?

 この度の事件に対しては一日本人の男として私にしても、忸怩たるおもいがあります。

 在日米軍がここまで沖縄に集中している現実もあります。

 だけれども、この悲惨な事件をもって、過去70年の在日米軍の存在の意味合いを、全否定するような情緒的な主張には、私は同意しかねるのであります。

 米軍が去ったことにより、より大きな惨禍がこの国にもたらされるとすれば、より多くの「同胞」を守れなくなることにもなるかもしれません。

 関係各位にはどうか冷静な議論をしていただきたく思います。



(木走まさみず)

今一つ納得できないけど今一つ納得できないけど 2016/05/23 12:14 米国生まれの海兵隊員が派遣先の日本人女性と結婚して子供もできた。
シンザトと名乗っているのは奥さんの姓でしょうね。
確かに沖縄に基地がなければ彼は来なかっただろうけど奥さんとも出会わなかったわけで、海兵隊をやめて軍属にならずに民間の警部会社にでも勤めていたらどうだったのだろう?

もしもTDLのキャストだった人が日本人と結婚して、横田基地で軍属として勤務していて同じような事件を起こしたらどうだったのだろう?

彼が元海兵隊員であることが問題なのか?
彼が米軍基地で働いていることが問題なのか?

沖縄の心情をくみ取ることはもちろん重要である。
しかし現在の彼の立場は、アメリカ出身で元海兵隊員ではあるが沖縄在住の民間人であるからこそ、日本の刑事訴訟法にのっとって被疑者になっていることも押さえておかねばならないと思います。

takutaku 2016/05/24 05:46 ttp://www.yaeyama-nippo.com/2012/11/13/%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E4%BA%BA%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E6%80%A7%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%AB%E6%84%8F%E8%A6%8B%E3%81%99%E3%82%8B-%E5%8F%8B%E5%AF%84-%E6%B0%B8%E4%B8%89/

2012年の記事ですが、これだと2012年9月だけで性犯罪は21件起きているそう。既に実際に守れていないのでしょうね。

2016-05-20 「見捨てられたトモダチ」に涙する小泉元首相

[]「見捨てられたトモダチ」に涙する小泉元首相〜この訴訟自体はあくまで科学的に扱われるべき 11:33



 18日付け朝日新聞記事から。

小泉氏が涙 トモダチ作戦の健康被害「見過ごせない」

2016年5月18日19時57分

http://www.asahi.com/articles/ASJ5K354LJ5KPTIL00B.html?iref=com_rnavi_arank_nr01

 カールスバッド〈米カリフォルニア州〉において、元米兵らに思いを寄せ、感極まって涙を流す小泉純一郎元首相なのであります。

 記事によれば、東日本大震災の「トモダチ作戦」に従事し、福島第一原発沖で被曝(ひばく)したとして、東京電力側を相手に集団訴訟を起こした米海軍の元兵士らが400人に達したそうです。

 「原発ゼロ」を唱える小泉純一郎元首相(74)が訪米して健康被害の訴えに耳を傾け、「見過ごせない」と涙を流したわけです。

 うーん。

 今回はこの件を取り上げたいと思います。

 さて記事によれば、トモダチ作戦による「健康被害」の事例を二つ。

 ひとつは骨膜肉腫を発症し、2014年に35歳で死去した件。

 原子力空母ロナルド・レーガン艦載機の整備士だったセオドア・ホルコムさんは作戦中、放射線を浴びたヘリコプターの除染などにあたった。その後、骨膜肉腫を発症し、2014年に35歳で死去。退役軍人省による放射線と病気との因果関係の調査はその死後、打ち切られたという。原告代理人を務める元海軍のマヌエル・レスリーさん(41)は「死んだ親友のために、真実を明らかにしたい」。

 もうひとつは、作戦の途中から睾丸(こうがん)が肥大して痛んだ件。

 甲板員だったロン・ライトさん(26)は作業後に船内へ戻る際、高線量の放射線が検出され、衣類を脱がされたという。作戦の途中から睾丸(こうがん)が肥大して痛んだ。帰国後、手術を4度受けたが鎮痛剤や睡眠薬が手放せない。軍医からは「放射能とは無関係」と言われた。「防護服や安定ヨウ素剤は与えられなかった。放射線について、まったく無知だった」と振り返る。

 で、集団訴訟が400人にも肥大した要因の一つとして、内部被爆の可能性が指摘されています。

 航海日誌や元乗組員らの証言によると、作戦中に原発事故で発生した放射性プルーム(雲)の下で強い放射線を浴び、汚染された海水(脱塩水)を飲食やシャワーに使って内部被曝した可能性がある。

 これらの事例に関して、米国防総省は否定的です。

しかし、米国防総省は14年に公表した報告書で、被曝は「極めて低線量」として健康被害との因果関係を否定した。

 弁護団の米国人弁護士は「見捨てられたトモダチが米国にいる」と話しています。

 原告の多くは医療費の補償もない。弁護団のポール・ガーナー弁護士は「見捨てられたトモダチが米国にいることを日本のみなさんに知ってほしい」と話す。

 ・・・

 うむ、構図的にはなかなか朝日新聞好みの記事であります。

 トモダチ作戦は、2011年(平成23年)3月11日、日本で発生した東日本大震災とそれを原因とする災害)に対して米軍が大規模に行なった、災害救助・救援および復興支援を活動内容とする作戦でありました。。

 作戦には、アメリカ海軍・海兵隊・空軍が連携し、2万4000人の将兵、190機の航空機、24隻の艦艇が参加したわけです。

 そのような日本の大災害時の米軍による救急災害救助作戦において、少なからずの米兵が不幸にも被爆してしまった。

 その人数は400人にも及び、がしかし米当局・米国防総省からは「因果関係はない」と見放されている。

 弁護団は「見捨てられたトモダチが米国にいることを日本のみなさんに知ってほしい」と訴える。

 それらの訴えに対して、「原発ゼロ」を唱える小泉純一郎元首相(74)が、「これは見過ごせない」と感極まり涙したわけです。

 情緒的に読者の感情に訴える朝日新聞好みの記事であります。

 ・・・

 感情論はここまでです。

 心情として理解はできるのですが、ことは東京電力側を相手に集団訴訟を起こしたわけであり、科学的に考えることが必要です。

 まず、この訴訟内容の大半は、記事にもあるとおり、軍医からは「放射能とは無関係」と断定されており、繰り返しになりますが、米国防総省からは「因果関係はない」とすでに否定されています。

 さて統計的にも押さえておきましょう。

 一歩ゆずって彼らの主張を認めたとします。

 トモダチ作戦の米兵参加者数は2万4000人ですから、内400人被爆というのは、全体の1.67%という、被爆率になります。

 米兵100人中1.7人の極めて高い割合で被爆したことになります。

 そうしますと、それよりはるかに多い人数を投じていた、全国から派遣された部隊も含む、自衛隊・警察・消防、また自治体職員を含む地元民やボランティア、日本人の被爆者はいったい何名となるのでしょうか。

 当時の日本の救助関係者の総数は正確な統計数値は不明ですが、自衛隊だけでも10万人以上です、警察・消防・自治体職員まで含めれば、少なくみても30〜40万人は参加していたことでしょう。

 米軍だけが被爆率が高かったことは想定しずらいですから、1.67%という被爆率をそのまま日本人に当てはめれば、少なくとも5千人から6千人の深刻な被爆者が生まれていることになります。

 そのような科学的事実は残念ながらありません。

 なおかつ今の試算は、一般人被災者を無視した控えめな試算であります。

 ・・・

 「見捨てられたトモダチ」に涙する小泉元首相なのであります。

 情緒的には理解できる「涙」なのであります。

 が、この訴訟自体はあくまで科学的に扱われるべきでしょう。

 今、必要なのは「科学的裏付け」であります。 

 当ブログとしては、今回の小泉元首相の涙は、いろいろな意味で「痛い」涙だな、と思う次第です。



(木走まさみず)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20160520

2016-05-18 最後の誕生日

[]最後の誕生日 00:10



 今回は私小説風未来小説です。

 お楽しみください。

 ・・・

 西暦20××年5月、東京。

 今日は私の65才の誕生日だ。

 現在失業中の私にとって、家族もいない(妻とは熟年離婚し二人の子供は妻側についた)し、誰も誕生日など祝ってはくれないが、そもそもこの年で誕生日など嬉しくもないわけだ。

 天気は朝から鬱陶しい雨もようだ、ここ最近の東京の五月は暑い、すでに梅雨のように不快な湿気に汗っかきの私はボロアパートの自室の万年布団から半身を起こす。

 11時半過ぎか。

 布団の近くには、コンビニで昨日買った日本酒のパックが空になっており、湯呑み茶碗がそばに転がっている。

 そうか、昨日は久しぶりに酒を買って一人深酒してしまったんだった。

 ということは財布にはもう小銭しかないか。

 フフフ、一人私は自嘲気味の笑いを浮かべる。

 「もはやここまでってやつか・・・」

 かたわらのタバコの箱からタバコを一本取り出し、ゆっくりと紫煙を吐き出す。

 「ふん、こっちも最後の一本か、出来すぎだな・・・」

 若い頃から工事現場作業員として真面目に働いてきたが、数年前右ひざを痛めてからは、きつい現場の作業には耐えられず、おのずと仕事の声が掛からなくなってしまった。

 他にこれといった技術もなく年も年なので転職もおもうに任せず、結局生活は困窮し、家族にも逃げられ、このていたらくだ。

 さてと。

 そろそろかな。

 12時。

 ドンドンドン。

 自治体職員がドアを無遠慮にたたく。

 「コバヤシさん、いっらしゃいますよね」

 「はい、今開けます」

 ドアを開けるとまだ若い自治体職員が紙切れ一枚を手に持ってあいそうもなく立っていた。

 「コバヤシさん、お迎えです」

 「はい」

 「この書類にサインしてください」

 「はい」

 久しぶりに自分の名前を書いたな、何年ぶりだろう。

 「ではまいりましょう」

 「はい」

 アパートを出れば自治体の車が待っていた。

 「乗ってください」

 「はい」

 車は自治体が運営している「処分場」目指して動き出した。

 雨の振りはますます激しくなっている。

 こんな雨の日に逝くのか・・・

 私にお似合いかな。

 フフフ・・・

 ・・・

 三年前日本政府は 「下流老人安楽死法」を制定した。

 満65才の誕生日を迎えた「生活保護基準相当の収入以下で暮らす困窮した高齢者」に対しては、強制的に行政により「安楽死」させる法律である。

 膨らむ一方の社会保障費や生活保護費を抑え財政破綻を免れるための法律である。

 ・・・

(おしまい)

(参考サイト)

小林よしのり

2016年05月15日 13:52

下流老人の解決方法

http://blogos.com/article/175579/



(木走まさみず)

名無名無 2016/05/19 05:04  チャールトン・ヘストン主演「ソイレント・グリーン」を思い出します

Z座標値Z座標値 2016/05/21 15:38 「子供とお年寄りは、地域の宝。」
現役世代は(私も)、もう一肌脱いで、一丁頑張ろうじゃありませんか!