木走日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2017-11-17 憲法改正「国民の意識と大きなズレがある」と詭弁を弄する朝日社説

[]憲法改正「国民の意識と大きなズレがある」と詭弁を弄する朝日新聞社説 11:22



 17日付けの朝日新聞社説は自民党の憲法改正推進本部の議論再開に、「改憲ありきの姿勢は厳に慎むべき」と異議を唱えています。

(社説)憲法70年 改憲ありきの姿勢では

2017年11月17日05時00分

http://www.asahi.com/articles/DA3S13231476.html?ref=editorial_backnumber

 社説は冒頭、「与野党を問わず、国会議員の改憲志向は強まっている」と指摘します。

 自民党が憲法改正推進本部の会合を開き、改憲に向けた議論を再開した。

 衆院選で自民党は、自衛隊の明記▽教育の無償化・充実強化▽緊急事態対応▽参院の合区解消の4項目を公約にうたった。公明党とあわせた与党で、改憲発議に必要な3分の2を上回る議席を獲得した。

 与野党を問わず、国会議員の改憲志向は強まっている。本紙と東大の調査では、当選者の82%が改憲に賛成姿勢だった。

 しかしそれは「国民の意識と大きなズレがある」と指摘します。

 一方で、国民の意識と大きなズレがあるのも確かだ。

 本紙の今月の世論調査で「首相に一番力を入れてほしい政策」を聞くと、社会保障32%、景気・雇用20%、教育15%などが高く、憲法改正は6%にとどまった。

 「自民、公明両党にも温度差がある」と公明党の山口那津男代表の最近の発言を取り上げます。

 自民、公明両党にも温度差がある。公明党の山口那津男代表は最近、こう指摘した。

 「発議は、国会内の多数派工作で可能な場合もあるが、国民投票でぎりぎりの過半数では大きな反対勢力が残ってしまう。国民の憲法としては不幸な誕生になる。発議の3分の2の背景には、それ以上の国民の支持があるくらいの状況が望ましい」

 見識だろう。

 社説は「国民投票の結果がどうあれ、国民の間に深刻な分断をもたらす恐れさえある」と危惧します。

 国会による発議にこぎつけたとしても、最終的に改憲の是非を決めるのは主権者である国民による投票だ。

 国民の納得が不十分なまま強引に発議に持ち込めば、国民投票の結果がどうあれ、国民の間に深刻な分断をもたらす恐れさえある。

 さらに、「野党第1党の賛成」は必須であると主張します。

 憲法のどこに、どんな問題があるのか。その問題は憲法を改めなければ解消できないのか。他の政策課題より先に、いま改憲を急ぐ必要性はあるのか。

 まず衆参両院の憲法審査会での超党派の議論が重要だ。

 少数意見を排除せず、丁寧な議論を積み重ねる。少なくとも野党第1党の賛成をえる。

 手順をふんだ合意づくりの努力を尽くすことしか、国民の幅広い納得をえる道はない。

 社説は「改憲ありきの姿勢は厳に慎むべき」と主張、最後に「安倍氏自身の首相在任中の施行を視野に、期限を区切るようなやり方では、国民の合意は広がらない」と結ばれています。

 安倍首相は5月に憲法への自衛隊明記を訴え、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と意欲を示したが、夏以降は「スケジュールありきではない」と述べている。

 当然の姿勢だろう。

 何よりも大事なのは、国民の多くがその改憲は必要だと理解し、同意することである。

 改憲ありきの姿勢は厳に慎むべきだ。

 ましてや安倍氏自身の首相在任中の施行を視野に、期限を区切るようなやり方では、国民の合意は広がらない。

 しかしメディアとしてはずいぶん横暴な論説なのであります。

 改憲発議は「主権者である国民による投票」で賛否が決しますが、憲法では「その過半数の賛成を必要とする」と明記されているにもかかわらず、朝日社説は勝手に「国民投票の結果がどうあれ、国民の間に深刻な分断をもたらす恐れさえある」と、勝手にハードルを揚げています。

 大多数の国民の支持がなければ発議するなといっているわけです、朝日社説の横柄な主張には閉口いたします。

(参考)

第九十六条

この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

 さらには、「少数意見を排除せず、丁寧な議論を積み重ねる。少なくとも野党第1党の賛成をえる」と、どんどん細かいハードルをこさえ、これではあたかも改憲の発議にまで持っていくことを不可能にしようとしているかのごとくです。

 特にひどい非論理的な理屈をこねているのは、この部分です。

 与野党を問わず、国会議員の改憲志向は強まっている。本紙と東大の調査では、当選者の82%が改憲に賛成姿勢だった。

 一方で、国民の意識と大きなズレがあるのも確かだ。

 本紙の今月の世論調査で「首相に一番力を入れてほしい政策」を聞くと、社会保障32%、景気・雇用20%、教育15%などが高く、憲法改正は6%にとどまった。

 「国会議員の改憲志向」と「国民の意識」とに「大きなズレがある」との説明箇所なのですが、これがひどい詭弁です。

 「国会議員の改憲志向」では「改憲に賛成か否か」の質問だから「82%が改憲に賛成」だったわけですが、「国民の意識」では質問がぜんぜん違うわけです、「首相に一番力を入れてほしい政策」と聞いて「憲法改正は6%にとどまった」と違う質問の違う回答結果を指して「大きなズレがある」と嘘をついているわけです。

 小さな詭弁です。

 当たり前ですが「首相に一番力を入れてほしい政策」と尋ねられれば、国民は100%いつでも、「社会保障・景気・雇用・教育」と日々の生活に影響する政策を望むはずです。

 たとえ国民の多くが憲法改正に賛成していたとしても、「首相に一番力を入れてほしい政策」の上位になるかは、まったく別の問題です。

 それをもって「国民の意識と大きなズレがある」との結論は、論点のきれいなすり替えであり、詭弁以外の何者でもありません。

 こんな世論調査で、つまり「首相に一番力を入れてほしい政策」で「改憲」が選ばれなければならないとすれば、憲法改正は永遠に不可能となりましょう。

 朝日社説が憲法改正に反対なのは勝手です。

 好きに論ずればいい。

 しかし詭弁を弄してまで読者を誘導することはなりません。

 小さい指摘かもしれませんが、これは日本を代表する(と自認している)メディアの社説なのです。

 繰り返し指摘します。

 憲法改正賛成議員が多数派であることを、朝日社説は「国民の意識と大きなズレがある」と決め付けていますが、その論法は非論理的であり、異なる質問を意図的に対比することで読者を誤誘導しております。

 

 小さな詭弁です。

 導入部分が非論理的なので、論説全体の信用性が落ちてしまうのです。

 ふう。



(木走まさみず)

2017-11-16 はたして『正義』はどこにあるのか?

[]恐怖の「目には目を歯には歯を」作戦〜はたして『正義』はどこにあるのか? 14:47



 さてと。

 『山尾志桜里氏とその仲間たち軍団VSゲスなメディアNo.1の週刊文春記者軍団』の戦いで、山尾志桜里氏応援団長の小林よしのり氏が大勝利宣言であります。

小林よしのり

2017年11月15日 14:38

週刊文春の敗北宣言だった!

http://blogos.com/article/259231/

 おお、「わしの完全勝利」宣言であります。 

週刊文春の記事を見たが、全マスコミ関係者に言っておく。

小林よしのりVS週刊文春の戦争は、わしの完全勝利である!

 で、次々と小林氏は週刊文春記者軍団の写真をネット上で公開いたします。

 うわああ、実におどろおどろしいことになっております。

小林よしのり

2017年11月16日 13:07

よしのり氏が文春デスク写真公開

http://blogos.com/article/259438/

 いやなに、週刊文春などゲスの極みメディアですから彼らに『正義』などこれっぽちも感じられませんが、記者たちの写真を次々にネットに晒すというこの小林氏の行動は、いかがなものでしょうか。

 おお、プライバシーを理不尽に暴かれた報復なのでしょうか?

 この報復の仕方はこれはまさに『ハンムラビ法典』そのものであります。

 恐怖の「目には目を歯には歯を」作戦なのであります!

 君たちはムスリムなのか?(苦笑)

 このやりかたにはたして『正義』はあるのか?

 ・・・

 うーん。

 1989年(平成元年)に東宝より公開された怪獣映画『ゴジラvsビオランテ』における黒木翔三等特佐の有名な台詞(せりふ)を思い出します。 

「勝った方が我々人類の敵になるだけだ」

 箱根の芦ノ湖でゴジラとビオランテの対決を見守っていた際、山地統幕議長が「一体どうなるんだ?」と言ったのに対し、黒木特佐はただ一言、「勝った方が我々の敵になるだけです」と返答したのであります。

 どちらが勝ったとしても、人類には絶望的な結末しか待ち受けていない…。

 この凄惨な戦いに『正義』などどちらにもない、あるのは『邪悪』のみである。

 生き残った方の『邪』が我々人類の前に立ちふさがるのだ.

 「勝った方が我々人類の敵になるだけだ」この言葉により、『邪悪』同士の救いのない絶望的な対決を、黒木特佐は見事に表現したのであります。

 ・・・

 ・・・

 まあ『ゴジラvsビオランテ』みたいにどちらにも正義がないことなど、世の中にはよくある話ではあります。

 当ブログとしては、嵐の中の小船のごとく、読者とともに、静かにことの成り行きを見守るしかありません。

 ふう。



(木走まさみず)

2017-11-14 この元民進党代議士たちの「嘘」は民主主義への冒涜である!

[]この元民進党代議士たちの「嘘」は民主主義への冒涜である!〜当選直後にああだこうだ御託並べるな! そんな大事なことなら選挙の時に隠さずにオープンにせんかい!! 13:45



 まず山尾志桜里氏です。

 そういう大事なことは選挙の時にオープンにすべきです。

 そうは思いませんか、読者のみなさん。

 不倫疑惑で離党したのに、当選直後に不倫相手の疑惑弁護士を政策顧問に起用すると宣言するならば、そのような大事なことは選挙の時に大切な有権者にオープンにすべきでしょ。

 その事実を知っていたならば、今回山尾氏に投票した有権者の中の何割かの人が投票先を変えていたかもしれません。

 その意味で山尾氏のこの「後だし人事」は、有権者に対して不誠実です。

 選挙にさえ当選すればあとはどうでも良いというのでしょうか。

 納得いきません。

 そして大串博志氏です。

 そういう大事なことは選挙の時にオープンにすべきです。

 そうは思いませんか、読者のみなさん。

 「安保法制を憲法にのっとり適切に運用」することを公約とした希望の党で当選したのに、当選後の代表選で「安保法制を容認しない」ことを明言し14人の支持を得たわけです。

 希望の党の公約に政治家として同意して民進党を離党したのに、当選直後に希望の党の選挙時の公約を破棄すると宣言するならば、そのような大事なことは選挙の時に大切な有権者にオープンにすべきでしょ。

 その事実を知っていたならば、今回大串氏に投票した有権者の中の何割かの人が投票先を変えていたかもしれません。

 その意味で大串氏のこの「後だし選挙公約無視」は、有権者に対して不誠実です。

 選挙にさえ当選すればあとはどうでも良いというのでしょうか。

 納得いきません。

 なんだろう、この元民進党代議士たちの「嘘つき」ぶりは。

「有権者軽視」のでたらめな牽強付会(けんきょうふかい)ぶりは・・・

 そして一番不思議なのは、この元民進党代議士たちは、有権者の前でここまでデタラメをしておいて、どうして恥じることもなく悪ぶれずに堂々としていられるのでしょうか?

 どうしてでしょうか?

 私から言わせていただければ、これは正に主権者国民と選挙制度に対する不敬です。

 この国の国民と選挙制度を軽視しているとしか考えられません。

 つまり民主主義への冒涜であります。

 当選直後にああだこうだ御託並べるな! そんな大事なことなら選挙の時に隠さずにオープンにせんかい!!

 そうは思いませんか、読者のみなさん。



(木走まさみず)

タカ派(野球的な意味で)タカ派(野球的な意味で) 2017/11/14 19:19 確かにお説ごもっともではあります。しかし、これを防ぐことは現実的には我々には無理です。
現在、選挙での嘘はついたもの勝ち、つかないで負けた方が悪い、という風潮です。
この悪しき流れを食い止めるために我々ができる唯一にして最大のことは「覚えている」ことです。
今回は悪行を許してしまったかもしれない。しかし、次は許さない、ではなく、覚えてるぞ!次は必ず落とす!ということです。
報道の忖度のおかげで反体制側の悪行がピックアップされないこんな世の中じゃ……ありますが、覚えていましょう。
勝負は次の選挙です。

az5555az5555 2017/11/16 01:29 こんばんは。

ブログを更新しました。
良ければ見て下さい。


ニフティ株式会社に行ってきました
http://blog.livedoor.jp/az5555/archives/52292025.html

2017-11-10 好奇心には屈しないがリスク管理能力が欠落している政治家の件

[]「むき出しの好奇心には屈しない」がリスク管理能力が欠落している政治家の件 15:51



 さて、不倫疑惑の山尾志桜里氏が交際疑惑弁護士の政策顧問起用でございます。

山尾志桜里衆院議員「むき出しの好奇心には屈しない」 交際疑惑弁護士の政策顧問起用、事務所が認める

http://www.sankei.com/politics/news/171107/plt1711070038-n1.html

 うむ、世間の「むき出しの好奇心には屈しない」のだと宣言です。

 で、案の定世間の「むき出しの好奇心」の集中砲火と相成りました、ハイ。

不倫相手を顧問に迎えメディアを猛批判した山尾議員に大バッシング

http://npn.co.jp/article/detail/78704491/

 うーん。

 ドロドロでございます(苦笑)

 本件では東国原英夫氏もなぜかお怒りでございます。

東国原氏、不倫疑惑弁護士を政策顧問起用の山尾氏に潔白主張なら「なぜ証明しない」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171108-00000067-sph-soci

 これが「そこまで強く「潔白」を主張するのならなぜ報道した週刊誌を名誉毀損で訴えないのか」といたくかっこいい「正論」なのだもの、「ハニーそのまんま東」さんに言われると、読んでるこちらが照れてしまいます、ハイ。

 記事より東国原氏の発言部分を抜粋、ご紹介。

 僕が疑問に思うのは、そこまで強く「潔白」を主張するのなら、何故それを証明しないのか。報道した週刊誌を名誉毀損で訴えないのか。元検事なら「法と証拠」に基づいて潔白を立証すべきである。一般的に、不倫裁判の場合、男女が夜、ホテルの同じ部屋に入ったら、裁判には負ける。不倫と見なされる。まぁ、そういう事は十分承知でホテルの部屋に入ったのだろう。「一線は越えていない」が問題では無い「ホテルの同じ部屋に入ったか」が問題なのである。「法と証拠」に基づいて、自らの潔白を証明出来ない政治家(法律家)が「憲法改正」について論ずるらしい。残念ながら、何の説得力も信憑性も無い」と持論を展開していた。

 本件では一人小林よしのり氏が山尾氏を応援しております。

小林よしのり

2017年11月07日 14:47

山尾志桜里、倉持氏を顧問にする件

http://blogos.com/article/257446/

 山尾志桜里氏の対応は「完璧」であると絶賛であります。

山尾志桜里氏が神奈川新聞で、倉持麟太郎氏を政策顧問にすることを発表している。

そのインタビュー記事を読むとまったく舌を巻くほどの完璧さだ。

「むき出しの好奇心になど『屈しない』」と宣言している。

 なるほど山尾氏には「憲法問題」という大目標があり、それがためには「倉持をブレーンとして必要」なのだそうです。

山尾志桜里は特別だ。本来、政治家はこういう人物ばかりならいいのだが滅多にいない。

男の政治家も見習ってほしいくらい、信念を持っている。

「待機児童問題」と「憲法問題」、山尾志桜里はこの2つを3期目の大目標にしている。

使命があるから山尾氏は一直線に邁進する。

山尾氏が倉持をブレーンとして必要なのも、わしは傍にいて知っている。確かに必要だとわしが保証する。

 いやよくわかりました。

 がんばっていただきたいです。

 ・・・

 さてと。

 少し論点を変えてこの問題を論じたいのです。

 当ブログのかねてよりの持論を開陳させていただきます。

 さて、政治家というものは、本来プライベートなことは関係なく、メディアの報道としては、その人の仕事の中身でもって評価・批判すべきじゃないでしょうか。

 政治家の下半身の問題などはっきり言ってどうでもよろしい、国民には関係ないのです。

 不倫は法的にもアウト?

 そんなことわかっています、問題があるならばそれぞれのご家族など関係者が法的対処をすればいいだけです。

 メディアで大騒ぎすることではないでしょう。

 不倫・愛人・隠し子などの政治家の下ネタなどどうでもよろしい。

 私は政治家の上半身には強い倫理意識を求めますが、彼らの下半身には倫理意識など何も求めません。

 不問です。

 政治家は上半身の仕事内容で評価・批判すべきです。

 だがしかし山尾志桜里氏が要職失格者であるのは同意するものであります。

 だって、私は彼女らがどこで不倫しようが関係ないですが、家族持ちのマスコミで面が割れてる弁護士と、今まさに野党第一党の要職に指名されんとした話題の女性国会議員とが、天下の公道や新幹線やレストランでベタベタするという、その彼女のリスク管理意識の低さだけで彼女は要職失格者と断定いたします。

 さらにひと騒動起こした後で、「むき出しの好奇心には屈しない」と、交際疑惑弁護士の政策顧問起用でございます。

 馬鹿か?

 火にガソリンまいてどうするのだ?

 こりゃだめです。

 下半身暴走させるんならマスコミ対策せんかい!(怒

 隠し通さんかい!!(怒 

 どうせ不倫するなら、もっと上手にせんかい!(怒

 ということでございます。

 こんなリスク管理能力が欠落している政治家に憲法を扱わせるわけにはいかんのです。

 これは以前よりの当ブログの持論です。

 今日日、不倫も隠し通せん奴は危機管理能力欠落者だから政治家失格だっちゅうの!!



(関連エントリー)

2015-03-08政治家は上半身の仕事内容で評価・批判すべき〜だがしかし、隠し通さんかい!!どうせ不倫するなら、もっと上手にせんかい!

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20150308

2017-09-07 前原氏の人を見る目の無さが悲しすぎる件

http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20170907/1504759316



(木走まさみず)

通りすがり通りすがり 2017/11/10 19:52 リベラルを追求する身として、男女関係を緩く考えるのはある意味正しいとは思う。
但し、他党の下半身スキャンダルを政争の具として使ってたのはマズイ。
そこのところの矛盾への反省無しに口を噤み続けるのはおかしいんじゃない。

JJJJ 2017/11/10 21:59 日本人は忘れっぽいからね。

「民進党の恥ずかしい象徴」として、これからもメディアに顔を出し続け、話題を作り続けてくれた方が安倍政権としても助かるでしょう。

なすなすなすなす 2017/11/10 22:44 山尾が糾弾されているのは「不倫だけ」ではない。
他者の不倫問題を散々に叩いておきながら、
自分の問題には説明も潔白証明も何もしないし、記者会見での質問もさせない。
その二面性が問われているのだ。

こんな人間性の議員が、これから国会で政権を追求しても
シラケるだけだ。

えいじぃえいじぃ 2017/11/11 03:19 今回の件、不倫疑惑が報じられた相手とまた一緒に仕事をするなど、家族の方の気持ちを思うと理解出来ません。
しかし木走さんがおっしゃる通り、この問題は家族の問題であり世間やマスコミが大騒ぎする内容ではないでしょう。

木走さんはこの二人に憲法論議させるべきでないとのお考えですが、私は早くこの方達の憲法論を聞いてみたいと思っております。
だってこういう事態になることは誰でもわかるのに、あえて二人で組んだわけです。
きっと改憲派には称賛され、護憲派からはぐうの音も出ないほどの論理的提案がなされるでしょう。
まさかとは思いますがどこかのブログから聞こえてくる「憲法裁判所を作る」とか明後日の方向を向いた案が出てくるなんてことは、きっとないと信じております。

2017-11-09 晩餐会の「独島エビ」が象徴している文在寅大統領の「二枚舌」

[]晩餐会の「独島エビ」が象徴している文在寅大統領の「二枚舌」 16:19



 韓国紙朝鮮日報が「独島エビ」「慰安婦出席」で日本が不快感を示していると報じています。

国賓夕食会の「独島エビ」「慰安婦出席」に日本が不快感

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/07/2017110703266.html?ent_rank_news

 菅官房長官の記者会見の様子を報じています。

 時事通信の報道によると、菅官房長官は記者会見で「外国の政府が他国の要人をどのように接遇するかについてコメントは差し控えるが、どうかとは思う」と述べた。また「北朝鮮問題への対応において日米韓の連携強化が求められる中、悪影響を及ぼすような動きは避ける必要がある」と指摘した。

 また、また夕食会に旧日本軍の慰安婦被害者のイ・ヨンスさんが招待されたことについても、2015年12月の韓日協定に基づき「慰安婦問題の究極的かつ不可逆的な解決について両国間で確認されており、着実に実施されることが重要」だとして、外交ルートを通じて日本の立場を説明すると明らかにした。

 なんというのでしょう、どういう意図でこういう振る舞いをするのか、よくわかりませんが、文在寅大統領がこの局面で日本のことを重視していないことだけはよく理解できます。

 この晩餐会の「独島エビ」が象徴しているものは韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「二枚舌」なのであります。

 日本よりアメリカを、アメリカよりも中国をより重視していることは、彼の一連の言動を見れば、一目瞭然です。

 中国にいい顔をしたうえで、トランプ大統領には訪韓のときのみ上っ面で話をあわせている、文在寅大統領の「二枚舌」の姑息さはアメリカメディアもお見通しであります。

 7日付けのウォールストリートジャーナル(WSJ)の社説が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領を強烈に批判しています。

South Korea’s Bow to Beijing

Seoul caves on Thaad missile defenses and a democratic alliance.

By The Editorial Board

Nov. 7, 2017 6:17 p.m. ET

https://www.wsj.com/articles/south-koreas-bow-to-beijing-1510096661

 社説の見出しが"South Korea’s Bow to Beijing"「北京になびく韓国」と、文在寅大統領の姿勢のその本質は中国ぺったりであると見抜いています。

 社説は、文在寅大統領がトランプ大統領を賞賛したことに触れた上で、それでも文在寅大統領のことを"unreliable"「信頼できない」と、彼の「二枚舌」を喝破しています。

Mr. Moon’s recent actions suggest he is an unreliable friend.

ムン氏の最近の行動は、彼が信頼できない友人であることを示唆している。

 ・・・

 晩餐会の「独島エビ」が象徴していること、それは韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「二枚舌」なのであります。

 こんな人は信用できない。



(木走まさみず)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kibashiri/20171109