スマートフォン用の表示で見る

パラリンピック

スポーツ

パラリンピック

ぱらりんぴっく

[英] Paralympic Games

パラリンピックは、国際パラリンピック委員会が主催する、身体障碍者の国際スポーツ大会。夏季と冬季でそれぞれ4年に1度、オリンピック開催年にオリンピック開催地で、オリンピックの後に開かれる。「パラリンピック」は国際パラリンピック委員会登録商標でもある。

元は脊椎障碍者の国際スポーツ大会で、paraplegia(下半身不随の)と Olympics Games(オリンピック)の合成語であり、日本人の発案であったとされる。

イギリスのストークマンデビル病院の医師グットマンが始めたのがきっかけで、1952年国際大会が開催された。後に全ての身体障碍者および視覚障碍者が対象となり、Parallel(平行)とOlympic Games(オリンピック)で、「もう一つのオリンピック」として再解釈することとした。

1985年国際オリンピック委員会は、それまで愛称だった「パラリンピック」という呼称を正式名称とすることにした。

1989年には国際パラリンピック委員会(IPC)が設立され、これ以降、継続した大会運営が行われるようになった。

シンボルマーク

パラリンピック象徴であるマーク(パラリンピックシンボル)は、人間の最も大切な3つの構成要素「心(スピリット)」「肉体(ボディ」・「魂(マインド)」を赤・青・緑の3色で表している。