Hatena::ブログ(Diary)

「労働組合・生存のためのメーデー広島実行委員会」(略称:生存ユニオンひろしま)

2017-02-21

市議会で広島市の長時間労働明らかに 最長は1715時間残業!

| 12:03

広島市議会では、広島市役所長時間労働の実態が次々と明らかになっています。

若手女性職員過労自殺を契機に、ようやく、議員の多くも腰を上げました。

なんと、1715時間残業の職員もおられます。

これなら、残業代を考えたら、もう一人雇った方が明らかに、コストがかからないのではないですかね?

no title

 広島市議会では16日に続き長時間労働をめぐる質疑応答がありました。

 残業の実態がさらに明らかになっています。


 広島市によりますと2015年度に月の残業時間が100時間を超える職員、または、3ヶ月の残業時間が80時間を超える市の職員は386人でした。

 386人のうち新入職員が15人いました。

 これは市役所産業医に面談指導を受けた職員の勤務状況について広島市が答弁したものです。

 さらに年間1000時間を超えて時間外労働していた職員が41人いたことが判明。

 最長時間は1715時間で平和行政を担当する部署の職員でした。

 おととし10月広島市では20代の女性職員が月100時間前後の残業が10か月続いたあとに自殺しています。

以下は中原洋美市議ツイッターで。

1ケ月100時間を超える残業を7ケ月も連続で続けていた広島市の新入職員自殺した問題で、日本共産党広島市議団として人事委員会に「過労死を出さないための申し入れ」を行った。労働基準法適用外の公務職場にも職員の命と健康が守れる残業時間の上限を定めるルールが必要だと人事院会事務局長。

https://t.co/iWTP0qwup3



広島市の2月議会で質問した10人の議員中、7人が広島市の長時間残業の問題を取り上げた。日本共産党市議団の質問で、異常な働き方が明らかになった。年間1000時間以上働いているのは41人、1ケ月80時間・100時間を超えるのは386人、最高残業時間は1715時間。ブラック自治体だ。

2016-11-09

ポストモダンの終焉を宣告した米大統領選挙

17:00

ポストモダン終焉を宣告した米大統領選挙


アメリカ大統領選挙は日本時間の15時現在、共和党のトランプ候補が、244人の選挙人を獲得してリードしています。

→16時過ぎ、トランプ候補の当選が確実になりました。

今年2016年は、世界的にポストモダニズムが崩壊した年です。

広島瀬戸内新聞では、ポストモダニズムを「格差拡大国際主義多様性尊重の傾向を持つ政治家政党政治勢力、思想」と定義しています。

アメリカではビル・クリントンブッシュ父子などが代表例です。

日本では1990年代における民主党右派や2000年代前半の小泉純一郎さんが、その流れに位置づけられます。

ソ連が崩壊したことを契機に、西側、とくにアメリカ金融資本主義は「自分たちのやりたい放題」だと勘違いし、暴走を加速しました。

一方、元左翼知識人たちも、一定の豊かさが実現したことを背景に、階級格差の問題よりも、ジェンダー情報公開、環境と行った問題にシフトしていきました。

あるいは、大手企業や官僚機構などの大きな力と労働者や一般市民が対等であるかのような幻想を振りまいていったのです。

そうした結果として、1990年代末頃には、グローバリズムによる矛盾が噴出していきました。

それへの労働者側からの反撃の一つが、1999年のシアトルでの反WTO闘争でした。

他方、ポストモダニズムの特に右派チャンピオンブッシュ大統領(息子)です。

彼は、911テロを奇貨として、アフガンを攻撃。さらに、テロの黒幕がサウジであったことを隠蔽し、イラクに濡れ衣を着せます。そして、2003年にはイラクへの「予防的先制攻撃」を開始しました。「モダン」の枠を超えて、暴走を加速したのです。

モダン」の時代も、もちろん、朝鮮戦争ベトナム戦争などの戦争はアメリカなどはしてきました。しかし、あくまで国連憲章での「集団的安全保障」や「自衛権」の発動の枠内で行ってきたのに対して、「予防的先制攻撃」という、その枠さえも踏み越えた戦争へ突入していきました。

イラク戦争は、しかし、アメリカを泥沼に陥れました。

このことへの批判も高まっていきます。

他方で、野放図な金融資本主義は、2007年から2008年の金融危機を招きました。

ポストモダンの破綻が明らかになった2008年に行われた大統領選挙オバマ勝利し、2009年に日本の民主党政権を獲得したのはそうした流れです。

しかし、ポストモダン側の抵抗も激しく、オバマイラク撤兵など、一定の成果を上げつつも、核廃絶などの面では後退します。

日本の民主党政権も、官僚に敗北。信望を失ってしまいます。そして、自民党安倍晋三総裁の復権を許してしまいます。

EUでも加盟国間の格差を背景に矛盾が拡大。難民問題も契機に、求心力が低下していきます。

2015年には、ギリシャスペインポルトガルで新しい左翼政党が躍進。さらには、イタリアでは反EU政党が台頭。

そして、2016年にはイギリスがまさかのEU離脱を決断します。

いまや、ポストモダニズムが健在なのはドイツフランスくらいですが、フランスでも、展望を失った若者がISに参加し、ドイツでは反難民政党がバカ受けするなど、ポストモダニズムの価値観が大きく揺らいでいます。

トルコでは、エルドアンが、軍部クーデター未遂を契機に、独裁色を加速する一方で、ロシアに接近。

日本では安倍総理が、民主党への失望の反動も利用しながら、国家社会主義色を強めています。

今回のアメリカ大統領選挙

1,二大政党制度の不毛

 ポストモダン新自由主義者クリントンか?

 国家社会主義的ともいえるトランプかの二者択一を迫られる。

2,ポストモダニズムの道連れで、多様性の尊重や民主主義が危うくなる。

という教訓を残しています。

そして、多様性民主主義を尊重したいならば「階級格差の拡大」から逃げてはいけない、という教訓も残したのではないでしょうか?

ですから、アメリカ民主党サンダース候補者にしておいた方がよかった、とも言えるでしょう。

日本について言えば、以下のことは言えます。

トランプ大統領で、アメリカ東アジアでのプレゼンスを後退させるのは間違いありません。

だからといって、日本が単独で、軍事力中国ロシアに対抗するのは無理があります。

経済的に相互依存も進み、なおかつ、経済力で抜かれている相手に軍事力で対抗することは、難しいでしょう。

フィリピンドゥテルテ大統領などを外交面では見習うことも今後重要ではないでしょうか?

2016-10-08

「アベ政治を許さない」いっせい行動、さとう委員長も参加

06:15

アベ政治を許さない」いっせい行動が3日、広島市中区で行われ、当労組委員長・さとうしゅういちも参加しました。

さとうしゅういちは

富山市議会議長は、『老後が不安』という理由で政務活動費を横領した。やっていることがアベコベだ。税金を猫ばばするのではなく政権与党として老後の不安のない日本をつくるのが、自民党員としてのつとめではないのか?」

と指摘。

「安倍さんは介護離職ゼロといっていたがやっていることはアベコベだ。要支援1,2が既に切り捨てられた。一部の人には2割負担も導入され、それにより、介護離婚も出ている。そして、2018年度から、要介護1,2へのサービスや福祉用具貸与まで切り捨てるという。これでは余計にお年寄りの状態が悪化し、ご家族にも負担がかかる。安倍さんは言っていることやっていることがアベコベ」だなどと指摘しました。

その上で、

「安倍さんも、自民党系の富山市議会議長(当時)も言っていることとやっていること、やるべきこととやっていることが『アベコベ』だ。アベコベ政治が終わるまで行動を繰り返す。」

と宣言しました。

例え、大嫌いな金丸信であっても、糖尿病の治療を保険で受ける権利は認める

06:14

長谷川豊さんが「人工透析患者は殺せ」発言をして波紋を呼びました。

長谷川さんの意見はおかしいところだらけで、TV番組も下ろされました。

しかるに、いまだに開き直っています。

長谷川さんに申し上げたい

そもそも、なりたくて病気になっている人などいるのでしょうか?

例え、自己負担ゼロでも糖尿病になりたいと思う人がいるでしょうか?

糖尿病の症状そのもので既に自己責任は取っているのではないか?そのようにさえ思いました。

糖尿病といえばわたし防衛庁長官建設大臣副総理自民党幹事長、同党副総裁などを歴任した金丸信を思い出します。

竹下登とともに1980年代の日本の政治を事実上、仕切った男です。

彼も晩年には糖尿病の悪化に悩まされました。左目は事実上失明したと聞いています。

わたしは、金丸信は大嫌いです。

日本の格差・貧困拡大や環境破壊のほとんどは金丸信が原因ではないか?

それくらい大げさに考えていた時期もあったくらいです。

消費税を導入し、お金持ち・大手企業減税を行ったのは実質「金丸政権」とも言える竹下登政権でした。日本中ゴルフ場を造りまくったのも、金丸・竹下です。

思いやり予算金丸信の発案です。

そして、金丸は1993年脱税容疑で国税局に逮捕され、公判中に体調を悪化させ、1996年3月、亡くなりました。

そんな金丸ですが、彼が治療のために健康保険を使ったことはもちろん、当然の権利として認めます。金丸がけしからん政治家だから、あるいは毎日贅沢をしていたからといって、治療する権利は否定できない。その上で、金丸には自らの悪政の政治的責任を取って頂く。きちんと公正に納税して頂く。法に触れることがあるなら裁きを受け、潔く縛について罪をつぐなって頂く。

それで良いと思います。

2016-09-24

三波春夫『お客様は神様です』について

20:57

三波春夫の「お客様は神様です」を勘違いしている日本人が多すぎると感じています。

   その結果、横柄な態度で店員や駅員に接する人が如何に多いか。

   そして、それが、(資本主義の持つ普遍性)以上に、日本の労働現場をブラック化していると思います。

以下の記事

http://www.huffingtonpost.jp/2016/09/22/kintetsu-_n_12145822.html

近鉄車掌飛び降り問題「クレーマーから職員守って」Twitter上で近鉄に要望の動き

と以下の三波春夫公式ブログの記事双方を併せて読んで頂けると幸いです。


http://www.minamiharuo.jp/blog/2007/04/post_9.html#more

お客様は神様です』について

 三波春夫といえば『お客様は神様です』というフレーズがすぐに思い浮かぶ方が少なくないようです。印象強くご記憶頂いていることを有り難く存じます。

 ですが、このフレーズについては、三波本人の真意とは違う意味に捉えられたり使われたりしていることが多くございますので、ここにちょっとお伝えさせて頂きます。


  三波春夫にとっての「お客様」とは、聴衆・オーディエンスのことです。客席にいらっしゃるお客様とステージに立つ演者、という形の中から生まれたフレーズなのです。

 三波が言う「お客様」は、商店や飲食店などのお客様のことではないのですし、また、営業先のクライアントのことでもありません。

 しかし、このフレーズが真意と離れて使われる時には、例えば買い物客が「お金を払う客なんだからもっと丁寧にしなさいよ。お客様は神様でしょ?」と、いう風になるようです。そして、店員さんは「お客様は神様です、って言うからって、お客は何をしたって良いっていうんですか?」という具合。俗に言う“クレーマー”には恰好の言いわけ、言い分になってしまっているようです。

 このフレーズへの誤解は三波春夫の生前から有り、本来の意味するところについてを、本人がインタビュ ー取材の折などに尋ねられることも多くあり、その折は次のように話しておりました。

 『歌う時に私は、あたかも神前で祈るときのように、雑念を払って澄み切った心にならなければ完璧な藝をお見せすることはできないと思っております。ですから、お客様を神様とみて、歌を唄うのです。また、演者にとってお客様を歓ばせるということは絶対条件です。だからお客様は絶対者、神様なのです』

 しかし、短い説明では足りない気がするのは、生前の三波春夫も、現在の私も、でございますが…。

 以下に、三波春夫自身が「お客様は神様です」と言ったことについて著述している文章をご紹介いたします。ご高覧くださいませ。


                   株式会社三波クリエイツ 代表取締役 三波美夕紀



三波春夫著『歌藝の天地』

1984年初刊 2001年文庫化 いずれもPHP研究所)より

   

お客様は神様です」の発端

 お客様は神様です」という言葉が流行ったのには、びっくりした。よく、この言葉の真意はどこにあるのかと聞かれるが、私も、その答えに困ることがある。テレビなどで、短い時間で喋るには、うまく説明が付かない。

 皆さんのほうでは、面白がって、「お客様は仏様」だの「うちのカミサンは神様です」とか、「選挙民は神様じゃ」などといった言葉になって広まっていった。いやはやどうにも賑やかなこと。

そのあげくに、「こんなふうに言われるのは、どう思います?」とくる。

 しかし、振り返って思うのは、人間尊重の心が薄れたこと、そうした背景があったからこそ、この言葉が流行ったのではないだろうか?

 私が舞台に立つとき、敬虔な心で神に手を合わせたときと同様に、心を昇華しなければ真実の藝は出来ない―――と私は思っている。つまり、私がただ単に歌を唄うだけの歌手だったらならば、きっとこんな言葉は生まれなかったと思うのです。浪花節という語り物の世界を経てきたからではないだろうか。

 つまり、浪花節の台詞の部分は「瞬時のうちに一人で何人もの登場人物を的確に表現」しなくてはならない。そうしなければ、決してドラマは語れないのである。

 われわれはいかに大衆の心を掴む努力をしなければいけないか、そしてお客様をいかに喜ばせなければいけないかを考えていなくてはなりません。お金を払い、楽しみを求めて、ご入場なさるお客様に、その代償を持ち帰っていただかなければならない。

 お客様は、その意味で、絶対者の集まりなのです。天と地との間に、絶対者と呼べるもの、それは「神」であると私は教えられている。

 あれはたしか、昭和三十六年の春ころ、ある地方都市の学校の体育館だった。

司会の宮尾たかし君と対談の際にこんなやりとりがあった。

 「どうですか、三波座長。お客様のこの熱気、嬉しいですね」

 「まったくです。僕はさっきから悔やんでいます」

 「!?」

 「こんないいところへ、何故もっと早く来なかったんたろう、と」

ここで、お客様はどっと笑ってくれる。ここまでは、昨日通りの対談内容。

すると、宮尾君はたたみかけて、

 

 「三波さんは、お客様をどう思いますか?」

 「うーむ、お客様は神様だと思いますね」

ウワーッと客席が歓声の津波!私ははっとしたが、宮尾君もびっくり。客席と私の顔を見比べて、

 

 「カミサマですか」

 「そうです」

 「なるほど、そう言われれば、お米を作る神様もいらっしゃる。ナスやキュウリを作る神様も、織物を作る織姫様も、あそこには子供を抱いてる慈母観音様、なかにゃうるさい山の神・・・・・・」

 客席はいっそうの笑いの渦。その翌日から、毎日このパターンが続いて、どこもかしこも受けまくった。宮尾君は、お父さんが落語家であり、本人も研究熱心だから、司会者としても一流。漫談もうまい。

 こうして、このやりとりを続けて全国を廻るうちに、レッツゴー三匹が舞台を見て、おおいに流行らせたのである。

追記:

“翌日から、毎日このパターンが続いて…”とありますが、三波と宮尾さんが自発的にしたのではなかったのです。山陰地方を廻るツアー中のこの出来事でしたが、”三波春夫が、お客様を神様だと言う面白い場面があるよ”という評判がすぐに広まり、各地の主催者さんから「あの場面、必ずやって下さいね。お客様も待っていらっしゃいますから」と言われ、連日この2人のトークの場面をやらなければならなくなった、というのが真相です。

【そして誰も自分のために闘うものはいなかった】

20:53

【そして誰も自分のために闘うものはいなかった】

派遣切りがあったとき、自分は派遣労働者ではなかったので声を上げなかった。

小泉純一郎が田舎者を叩いたとき、都会人の自分は拍手喝采してしまった。

石原慎太郎が年配女性に暴言を吐いたとき、自分は年配女性ではないので声を上げなかった。

橋下徹公務員を叩いたとき、自分は民間労働者なので拍手喝采してしまった。

麻生太郎が彼の同級生の健康状態について暴言を吐いたとき、自分は年配男性ではなかったので声を上げなかった。※

松井一郎議員給料を下げたとき、その分の御利益が民間労働者に回ってくると思い込み、拍手喝采してしまった。

片山さつき貧困高校生に暴言を吐いたとき、自分は高校生ではないので声を上げなかった。

植松聖が障がい者を大虐殺したとき、自分自身は、障がい者ではなかったので、植松被疑者精神障害者呼ばわりして安堵していた。

長谷川豊人工透析患者に死ねといったとき、自分は糖尿病でないので、声を上げなかった。

「フツーの民間サラリーマン」だったはずの自分が、年を取り、病気で働けなくなったとき、誰も自分のために闘うものはいなかった・・。

※「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」

2016-07-19

独裁者エルドアンによる公務労働者への弾圧と年休剥奪を激しく糾弾する!

08:11

独裁者エルドアンによる公務労働者への弾圧と年休剥奪を激しく糾弾する!

生存ユニオン広島執行委員長 さとうしゅういち

2016年(核時代71年)7月19日

トルコ大統領エルドアンは7月15日から16日のクーデター未遂事件を悪用し、公務労働者多数を逮捕、さらには年休剥奪という暴挙にまで踏み込んだ。

トルコでは、2003年に首相についたエルドアンが、特に首相3期目に入った2011年以降、独裁色を強めている。

地元住民の反対にもかかわらず、原発建設を推進し、日本からの原発購入も可能にする原子力協定も結んだ。

さらに、2014年に大統領に就任して以降は独裁色を強め、愛想を尽かした元腹心・ギュレン師はアメリカ亡命し、2016年5月には、エルドアンの「軍師」だったダウトオールは首相を辞任した。

エルドアンは、自分に批判的な新聞社を占領するなど、マスコミ弾圧も推進している。

外交的にも、エジプトイランイラクイスラエルロシアなどはもちろんのこと、アメリカ欧州とも関係が悪化し行き詰まっていた。

そうした中で、今回のクーデター未遂事件が発生した。

暴力による権力奪取は認められないが、他方で、エルドアンのあまりの独裁的な手法に、世俗派インテリ層が多い軍部などの反発が強まっていたのも事実である。

クーデター未遂後は、軍人だけでなく検事裁判官ら公務労働者多数を拘束している。

さらには死刑の復活まで検討しだした。

要は

「自分に文句を言う人間は全員逮捕!場合によっては死刑!」

というのがエルドアンの行動原理である。

そして、ついには、公務労働者全員の年休剥奪という暴挙に出たのである。

全世界の全労働者に呼びかける。

独裁者であり労働者の敵・エルドアンの暴挙を批判しよう!

アメリカ帝国主義批判的な皆さん。

エルドアンがいくらアメリカと喧嘩しようが、エルドアンを支持してはならない。

アメリカよりも「筋が悪い」ゴロツキなど世界中にいくらでも居ることを忘れてはならない。

そして、日本のみなさん。

 エルドアンの今日の姿は明日の安倍晋三ではないのか?このままでは安倍総理立憲主義民主主義を破壊し、労働条件をさらに悪化させることは必定である。

 安倍政権立憲主義民主主義を破壊し、労働者に敵対する政治、原発トルコに売る政治と闘うことがいま、日本の労働者のためにもトルコ労働者のためにもなるのだ。